3-13 マドラスで事件(1) 


マドラスの町の風景

(まずはアルバムの続き。お話は後半に)



マドラス駅近くのムアーマーケット 

トラック  

中央駅かいわい。向こうに見えるのは高級デパートのスペンサーズ。
着ているのはヨーロッパへの輸出専門製造工場でじかに買った2ルピーのサマードレス。(地元の子によると、私ボラれて、ほんとは1ルピーで買えたそう)



さとうきびジュース屋さん2 駅前大通りのさとう
 きびジュース屋さん。

 その場で搾って売る。







中央駅裏のムアー市場 
 
ムアー市場の肉屋さん

上は中央駅裏のムアーマーケット。下はムアーマーケット内の肉屋さん。
注文されるとその場でひねって、「はい、毎度ありいっ!」
(何でも新鮮…) 
 うぁぁん


インドの映画館
マドラスの映画館

インドでは映画が大きな娯楽を占める。4時間5時間もんはざらだって。
昼間から人がいっぱい。仕事は…?



お弁当  お弁当アップ

会社のお昼に近くのチャイニーズテイクアウェイで買ってくるおべんとう。
乾いたバナナの葉っぱに包み、コットンひもでぐるぐるゆわえてある。
もちろん、手で食べる。

水はタミール語でタンニール。にがい。沸騰させ、浄水器で漉す。

他に食べるものがないので、けっきょく毎日これか、パサパサのパンにマーガリンか、カレーにチャパティ。フルーツは山ほど。 

コーヒーは、一階のお茶屋さんに運んできてもらう。
一杯25パイサ(7.5円)
ところで、インドでもコーヒー作ってるって、知ってた?



通りの物売り  
 インド風物詩

 通りの   
 野菜・果物売り












35℃の炎天下、はだしで荷車を引く。
1コ売りする。てんびん式のはかりで値を決めて。

1ルピー(30円)で小さなマンゴーが10コ。
モンキーバナナは4本。

小さな移動式お店だけど、大きな車輪は木製で、ディスプレイもきれいによくまとまっていて新鮮そうで色鮮やか。
素敵な風物詩になっているけど、おじさん、自営かな、雇われかなー…
クリックして大きくして見て。すごくいい写真。
売り物から、おじさんの人柄が伝わってくる。




インドの食事2  手でごはん

レストランではこんなふう。
これは ”ミールス” というメニュー。何種類もの
カレーがバナナの葉のお皿にのったごはんといっしょ
に出てくる。

食べ方は、右手の人差し指と中指と薬指の三本にひとかたまりのたべものを乗せて親指でさっと口の中へ押し込む。
(レディーほど指先だけ使い、品のない人は肘まで汚して食べるのだそう ドキッ

慣れるとおいしいよ。少なくとも暖かみのない金属製のフォークやナイフよりずっといい。

ところで、インドの自然の恵みあふるる収穫物のごちそうを食べて元気いっぱいだった私は、(アフガニスタンの時と違って)今度は日本の防腐剤入りのインスタント食品を食べてお腹をこわし、早退して寝込んだんことがあったんだよ。


そして、最初は直線縫いもできなかった従業員たちが…


バッグ2  バッグ3

工場設立二年近くにして、これほどの作品を仕上げられるようになって来たのです!
上は実際にドイツのフランクフルト国際皮革製品見本市のインドコーナーに出品された作品。



バッグ1 左半分は、試みにインドの
 ウエディング用サリー地で
 作ってみたパーティー用の
 ポシェット。
 綺麗で可愛いでしょう?







***********************


話の続きに戻るね。
それが、大変なことになって来ちゃったんだ。(|| ゚Д゚)

しばらく滞在する間に、私は通訳する内容を理解するために、勉強のつもりで会社の差しさわりのない書類を読ませてもらったんだ。
その中の、社長とマネージャーとの書簡の内容に!?
現地の従業員たちと直接話したことと、内容が食い違っていたから。

給料の額は、現地の相場があるから彼に任されているにしても、日本の社長から、「みんなよく働いてくれているから」 って、ボーナスを出したはずなのに、誰ももらっていなかった。
それから、お父さんが亡くなった従業員に社長からの気持ちで香典を出したのに、それも渡っていなかった。

とんでもないものを見つけちゃった… 汗
それもそういう状況を発見したのは、黒子であり、ビジネスの中身にまでは口を出すべきではない通訳の私…。

どーしたらいいんだーっっ!!告発する??
こわいよ、マネージャーは大柄で強そうだし…。
外国にいて不利な立場になったら、何をされるかわからないじゃない? 
警察に言っても、警察が不正をしている国なんだから。

I さんはそこまでは気がついていないみたいだし、社長は時々、現地入りはしていたけれど、
きっと実情を知らないと思う。

どうしよう?!
もちろん、話すべきだよね??


***********************

続きを読む

3-14 マドラスのハリジャンたち(神の子・不可触賎民) 

(前回の話の続きは、次回に)


たそがれものがたり
~ あるハリジャン一家の夕暮れ時 風景~


ハリジャン” (神の子)とは、ガンジーが名付けたインドの階級制度の最下級の極貧の民のことで、別名 ”アンタッチャブル”。
アメリカの映画の名前じゃないよ。
”あまりに汚くて触れない” という意味でそう呼ばれている。

彼らの貧しさは人間とみなされていないために救済の手もほとんど差し出されていなかった。
「金持ちの車がアンタッチャブルの一人や二人引いても警察は動かない」
って、現地の人が言ってたよ。
放浪牛の方がましなくらい。だってインドでは牛が神様扱いされているから、牛が食料店に来て商品を食べても何もできないんだよ。
差し障りのない程度に追い払うしか。

前にも書いたけど、彼らは生まれた時から死ぬまで、その階級でしか生きられない。
劣悪な環境での過酷な仕事しか与えられず、そしてそれは親から子へと受け継がれて行く。

奴隷制度も廃止され民主主義がかなり広まった現在だから、人権を訴える運動も何度も起きて多少は状況が改善されているらしいけど、
「カースト制はインドの主流宗教であるヒンドゥー教の教えから来ているんだから、ヒンドゥー教がなくならない限り変わらないでしょう」
って仏教徒のインド人青年が言っていた。
人権よりも宗教の教えの方が重要なんだね…

「そしてもしカースト制度の壁に小さな穴が開くことがあっても、上流階級の人たちがお金を使っていい教育を受けるから、
結局、ハリジャンたちはよっぽど優秀だとか運がいいとかしない限り、平等なスタートラインにも立てないわけで、上に上がることはすごく難しいし、もし上がれても差別に遭って続かないんだ」とも。


その極貧のハリジャンと言われている人たちの日常をいつも工場の窓から見ていた私は、ある日の午後から夕暮れにかけての様子をカメラで撮ってしまった。

彼らだって私たちと同じ感情を持った人間。
当たり前のことだけど、この映像を通して私の気持ちを共有してほしい。
私は上から珍しい物を見るつもりで彼らを見下ろしていたんじゃないんだ。
「がんばって!」って声援を送っていたつもりだし、子供たちが逞しく
事に成長して行ってくれるよう、祈っていたよ。

彼らにも肖像権はある。
だけど、もう30年以上も前のことだし、親しみを持って見守っていた上でのことなので、ここに載せることを彼らに許してほしい。

ということで、今回は私のカメラが捉えたありのままのインドの姿の一部をお伝えします。




歩道が憩いの場?2

工場前の川辺に住む貧しい人たちの家。

”景観がよくない” と、時々市のトラックが来ていっせいに片付けてしまうのだけれど、すぐにまた元通りになっているという。
(あれ、どこかの国のホームレス関連ニュースでも聞いたような…?)



アップ11

(上の写真アップ)ひとつだけこざっぱりした家があって、
その住人らしい人が歩道に日よけを張り敷物を敷いてくつろいでいる。
どんな人なのかな。傍らにはペットらしい犬もいる。(きっと野良犬だね…)



貧しい家族の家1


手前にいるのが、今日のものがたりの主人公でもある双子の姉妹。
拾ってきたごみや布切れで覆ったこの家に、7人家族で暮らしてい
る。
もちろん、電気も水道もない。

上の写真では、双子はどうやら家の蔭でお昼寝中の白いワンちゃ
んに近づいているところみたい。

家の入口あたりにいるのは、8才くらいに見えるお姉さん。
写真では、摘んできたジャスミンの花で髪飾りを編んでいるところ。
それを毎日市場へ売りに行っている。
お姉さんは双子の妹たちの面倒もよくみている。

日本でいえば中学生くらいのお兄さんもいて昼間どこへ行っている
のか不明だけど (学校だといい)、いつも夕方帰ってお母さんを手
伝っている。

お父さんともう一人の住人(たぶん、おじいちゃん)も昼間何をして
いるのか不明。
お母さんは足に障害があって歩けない。

極貧でも家族のつながり強く、仲むつまじい。

双子の姉妹は栄養失調でお腹だけが異常にふくらんで…そしてい
つも裸で裸足。でもいつも仲良く遊んでいる。




隣は夕飯のしたく

洗濯物は ”立ち入り禁止” のバラ線に干す。
隣のおばさんは夕食のご飯を焚いている。



                    隣のおばさんとその坊や↓ 
貧しい家族3
↑たぶん、撤去の下見に来た市のトラックだろうとのこと。 
           

上の写真では、お姉さんはわらのほうきで家の中を掃いて妹たち
に洋服を着せた後、ボロ布をかぶせたお人形さんの家(中央やや
左よりの白いかたまり)にお人形を入れて遊んでいる。双子の妹の
一人と。
(どこの国でも、子どもの遊びって同じなんだね… ハート

もう一人の妹は、お姉さんのまねをして大きなゴミを掃こうとして、
ひっくり返っちゃった。
そこで白い犬と遊び始める。(左手前)  


お母さんは足が悪いので、ほとんど一日中座ったまま。
動く時は腿から下を引きずって、腕で歩く。
今日は家族がどこからか拾ってきた廃材を分解したり切ったりしてたんねんに小さいサイズにしている。
そうして焚き木用にしたものを、家族がどこかに売りに行くんだ。

インドではビルの取り壊しがあれば、錆びたクギ一本まで、どんな廃材も貧しい人たちが来て全部拾って行くので、きれいさっぱり片付いて跡には何も残っていないそう。
(またそんなものまで買ってくれるところがあるっていうのがすごいね。)




貧しい家族4


アップ9
(上の写真アップ) 隣のおばさんが世間話に来たところ。


家の入口の布は、双子の一人がたたもうとして大きすぎてすっぽり
かぶってしまい、目をまわして放り出したシーツらしきもの。

姉と妹の一人はお人形さんに子守唄を歌いはじめ、
もう一人の妹は、二匹の犬と楽しそうにころげまわっている。

左下にあるのが、大きなごみとほうき。



*****  *****  *****


貧しい家族5


すっかり日がかげる頃、お姉さんが頭に壷を乗せて水を汲んで来ると、
帰ってきたお兄さんがポリバケツに水を入れて家の表に水を打つ。
こんな家だけど、大切な家族の家。
毎夕、家の中と表を掃いて水を打っている。
(すごい… 感心だよね。私より家事はうわてだよ)



(上の写真を明るくしたもの)
お兄ちゃん水まき

     ↑水を打つ兄          ↑髪をとかしてあげる姉
(水が飛ぶ様子も白く写っている)   
 


右手前は、隣の坊やが黒い赤ちゃん犬を見つけ、しっぽをふり
まわしたり、うしろ足を持って歩かせたりしているところ。

子犬は空腹な上おもちゃにされて疲れ果て、
”たまらんわ。かんべんしてよー」 って感じでこのあと右のゴミの中
に逃げ込んでじゃった。

お姉さんは妹の髪をとかしている。
お母さんはただ黙々と仕事を続ける。




貧しい家族6

アップ2
(上の写真アップ)


ボロ布をつぎ合わせ、ボロ布を詰めたボールで遊んだ双子は、飽き
て、家の入口に並んで座ってお母さんの後ろ姿を見ている。
(暗いのでわかりづらいけど、かすかに小さな人影が二つ浮かび
あがっている)

兄さんは、お母さんを手伝って長い板切れを割っている。
(木箱の左側のシルエット)

双子の姉妹はいつも裸で裸足だけれど、今日はお姉さんに洋服を
着せてもらったんだよね。
でも、やっぱりじゃまっけで、脱ぎ捨ててしまった。
(犬のうしろに放り出してある)




貧しい家族7

アップ3
(上の写真を明るくしてアップ)

お姉さんがボンヤリと川の向こう岸を見ている。 (木箱の右のシルエット)
何を考えているのかなー…

お兄さんは木箱の横でまだお母さんのお手伝いをしている。

双子の妹たちはお母さんに甘えようと近づくけど、お母さんが相手
にしてくれないので、かたわらでただ黙って立って見ている。
(お母さんの右側)

昼間はお母さんの両ひざをまくらに頭をなでてもらってお昼寝だけれど、
仕事をしている時のお母さんはきびしい。




川辺の風景
違う位置から見た川辺の風景


たそがれものがたり おわり 




続きを読む