1-6 学校手続きした。切符買った。 

外国へひとりで行くといったって何から始めたらいいのか、
かいもく見当がつかないよね。
世界に飛び出すといったって、世界は広いよー。
いったい最初にどこへ向かえばいいんだろうね。

兄貴のように何週間もかけてシベリア鉄道経由でヨーロッパに行くという手もあるけど、その先へ行ってどうしたらいいのかわかんないよ。
まあ、1か月間、ヨーロッパの鉄道に乗り放題というユーレイルパスを買って行くから、旅先で交通費を使い込んでしまって途方に暮れることはないとしても、頼る人も場所も何も当てがないというのは不安だよ。

亮介兄さんを頼って行くというのも考えたけど、私は放浪の旅っていうのは、あまり性に合わないと思う。根がまじめなんだろうね。

”あてもなく行き当たりばったりで、風の向くまま気のむくまま”
の旅にも憧れるけど、
何だか心の拠り所というか、基盤がないような気がして。
やっぱりある程度目的や期間を決めて、その範囲内でがんばってみるのが好き。

それでね、まず最初は安全と言われているイギリスに行くことにする。
言葉もどうにか通じるだろうし。
中学・高校で習った学校英語は会話には役立たないと言われてはいるけど、全く無駄ってことはないでしょ、辞書引けばいいんだし。

外国の生活に慣れるまで学校に通おう。
そのおかげで簡単な会話ができるようになれば楽勝じゃん。
その間に先のことはまた考えればいい。
現地でいろいろな情報を集めてね。

というわけで、日本国際学生連合 (JISU) のプログラムにあった、イギリス、オックスフォード市での夏期講習&ホームステイに申し込むことにする。

なぜたくさんあった研修地のうちオックスフォードを選んだかといえば、ロンドンのような大都会より静かに勉強に打ち込めそうだったことと、それに、夏期講習プログラムのある学校の名前が気に入ったから。

そんなちょっとした音の響きの感じから来る選択で、行き先での運命が大きく変わって行くんだから、人生は面白いさ。


国際学生証を使ってパリまでの学割切符を買った。
なぜパリまでの切符しか買わなかったかというと、ある格安旅行情報に、
“パリ―ロンドン間、シャンゼリゼにあるダンエアーのプロペラ機切符が安い。
5,800円也” とあったから。
国際学生協会の学割切符は12,000円だったんよ。
それでパリに着いてからシャンゼリゼにその安い切符を買いに行くことに決めた。

えーっ!
見知らぬ土地で切符を買いに行けるのかねー…
それもフランス語の国でさあ…。
…大丈夫。
文明の進んだ国なんだから、聞けばどうにかわかるし、きっと親切な日本人もたくさんいる。
こんなに一生懸命働いて貯めたお金だもの、大事に使わなくちゃ!
節約すればその分長くいられるし。


予防接種も済ませ、ユースホステルカードも作り、日曜日には世界ケチケチ旅行研究会の機関誌や、ヨーロッパが舞台の文学作品などを読みあさり、自分なりの資料ノートを作ったり、一週間分のテレビ・ラジオ講座の復習にいそしんだりした。

もちろん故郷の祖父母を訪ねることも忘れていないよ。
いつの頃からだろう、生まれて初めての顔面神経痛を経験した。
時々目の下の筋肉がピクピク麻痺するんさ。
本人が微笑んでいる最中であろうとおかまいなしに。
よっぽど体の方は疲れているんだね。

さて、出発の日が近づいたので、会社にはお詫びを言い、ボーナスをいただいた直後に辞めさせていただき、親しい人々にもお別れを告げた。

そして夏も終わりに近い今日、羽田へ向かう私のいでたちは、兄のお古のJUNの半袖シャツに、黄色い胸当てのついたジーンズ。
荷物は、ポーチと7キロのリュックサックと本の詰まった手さげかばんひとつ。

引き止めるのをすっかりあきらめた父が、駅まで送ってくれた。


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する