2-47 祖母とマムとの別れ 


プロフィシェンシーの合格発表を見た時にはびっくりしたさぁ。 驚き
ほんとに。

受験が迫って来た時には焦ってあがいて、大好きな先生宅に個人レッスンを受けに行ったり、ワトソン氏に作文と面接の猛特訓をしてもらったりもしたけど、
こんな高度な試験に、このアホばか天然の私が合格できるなんて。

でもね、そのままの実力だったら3割の可能性も切っていたと思うんだ。
どうにか合格点が取れたのは、やっぱその試験向けの”傾向と対策”訓練のおかげだと思う。
試験に出そうな問題ばっかり、繰り返し繰り返しやっていたんだもの。
過去の問題に照らし合わせ、今年必ず出そうな時事問題とか。
面接のスピーチ課題なんて、「山をかけたらバッチリ大当たり」 だったんだもん、はっきし言って。

つまり、何年間とゆっくり時間をかけて無理なく自然に身に付いた実力だったらいいんだけど、そんなふうに受験用詰め込み式勉強でクリアした合格…
だから、心のどこかに納得が行かない部分があるのは確か。

いっしょに受験した日本人の中で、合格したのは私だけだった。
東大の大学院生や、ドイツ人と結婚してドイツで英/独/日の通訳をしている人も落ちた。
フゥーッ。
ドキドキしちゃう。

嬉しいのは嬉しかったけど、正直な気持ちは、
「ほんとにいいのかなー、こんな実力で…」

謙遜してるんじゃなくて、ほんとにそう思うんよ。
「これから ”プロフィシェンシーに合格した人” って見られた時に、あまりにレベル
低い私はどーしたらいいんだろう…」
なんて心配になってくる。 焦る2

英語で議論とかする前に、社会のことにまるっきし疎い私でしょ。
あー、もっと世界情勢とか歴史とか政治・経済とかに精通しないと、
英語ができても、会話がもたないよー あっ!

証明書の名前に恥じないように、これからももっともっと磨きをかけて勉強を
続けなくちゃ、だよね!


そんなふうにちょっと複雑な気分だったけど、嬉しいことは嬉しくて、応援して
くれたみんなにお祝いされる毎日で、
一応の目標は達成したし、これからどうしようって、考えていた時。
”日本の祖母危篤” の電報が来た。

私は急いで帰国の準備を始めた。
「おばあさん、待ってて!
でも、これから飛行機の切符を買うのではきっと間に合わないよね…」
って真っ青になって、半分は諦めて。

でもね、祖母の霊が不自由な肉体を離れ、身軽になって国境なんて関係ない時空を越えて、私のそばに来てくれているような気がしていた。 (それを物語る心霊体験逸話を <続きを読む> に入れたから読んで)

“取り乱すから” と、マムには私の帰国については知らされなかった。

それからまもなく、祖母の死の知らせが来た。
飛行機をキャンセルして、喪に服す日々。


しばらくこれからどうしようかって考えていたんだけど、お葬式には間に合わな
かったし、今から帰国しても本人とはもう会えないんだもの、

「どうせ帰国するなら、前から行きたかった中近東とインド経由で日本に帰れ
ないかな」

って考え始めていた。
もちろん、女の子ひとりでは無理だから、ちょうどそっちに行く旅人たちにくっついて連れて行ってもらう形になるし、たぶん寄り道なし観光なし、最低限の経費で、ただルートを行くだけの貧乏旅行になるだろうけど。

それで一昨年スイスのユースホステルで出会ったタコさんと連絡を取り、
タコさんを通じて、スペインに逗留していたヒゲさんにも話が伝わり、ヒゲさん
の友人でバルセロナ大学で絵を勉強しているという純さんという人も加わり、
中近東・インド経由で日本に帰る話が実現しそう。

離れ離れになったあとも、結構筆まめな私はスイスで出会ってたいそう気の合った仲間たちとたまぁに手紙のやりとりはしていたんよ。
いつかきっときっとほんとに中近東・インドを一緒に目ざしたくて。

ヒゲさんはオートバイが壊れたせいもあり、またスペインが気に入って、知り合った純さんのアパートに居ついていたとか。
純さんは版画の勉強をしているんだけど、一度日本へ帰国したいそうだ。

そんなこんなで、みんなのタイミングがピッタリ合っちゃったよー。
さあ、どーする?
中近東とインド… 特に頑強でもインテリでもない女の子には勇気が要るね!
(だから深く考え過ぎないでいいのかもしれないけど)

私は今、”帰るモード” になっている。
私の中では、
「機は熟した。やるなら今っきゃない。チャンスはそうしょっちゅうは来ないよ」
って感じだ。

ワトソン氏もいつか言っていたよ、
「幸運の女神様には前髪しかないんだ。
すれ違いざまにその前髪を掴まないと、チャンスは逃してしまう。
これ、イギリスのことわざ」
って。

ワトソン氏は、北欧から私を迎えに来てくれたタコさんと会い、まるで面接試験のようにいろいろ問答して、
彼の人間性と、旅人として持っているしっかりとしたポリシーのようなものに感銘を受けたみたいで、心配だからと賛成し兼ねていた態度を和らげてくれた。

死ぬかもしれないって思わなかったかって?
うん。
私は、あの仲間たち (というか、タコさん) とならきっと大丈夫と思ったし、
「”見る前に飛べ” だ」 とか、
「やりたくてもできないまま事故とかで死ぬより、好きなことをしていて死んだ方がいい」
って思ってしまう。相変わらず、ね。
それに、私はリーダー格のタコさんに思いを寄せていたと思う。
彼といっしょなら、世界中のどこへ行っても大丈夫。

そうしてとうとう、計画の実行が決定したんだよ。


私が試験合格に喜び、これからする新しいことにあれこれ思いを膨らませてい
る頃、祖母は天国に旅立ち、
それから中近東・インドへ旅立ったちょうどその頃、ウェールズのマムのところ
へも天国から迎えが来ていたんだ。
私はもう旅の途上にいてその知らせを受けたのはだいぶ後だったんだけど、
マムが息を引き取ったのは、私の出発の4日後だったんだって。

私が帰国の途についたと聞いてかどうかは、心苦しくて今だに聞けないでいる。

私は祖母とマムの両方の死に目に会えなかったけど、ふたりは今でも遠い空の上から私を、私がどこにいても見守ってくれていると思う。
きっと言葉の違いなんか関係なく、いっしょにハラハラしたり笑い合ったりしながらね。

その後ワトソン氏は、マムのお墓参りに行く時は必ず両手に花束を持って行って、「こっちは私から、こっちはミヤからだよ」
って捧げて下さっているそう。
どこにいても、

「あなたに何かあったら、私は天国のマムに何て言い訳すればいいんだ」

って心配してくれる。


マムはこんな遺言を残した。

「ミヤは大切な家族なのだから、彼女の医療費と学費を惜しんではなりませ
んよ。
もし彼女が病気になったら、一番いいお医者さんに連れて行きなさい。
もし彼女が勉強したいというなら、学費を出してあげなさい。
でも、私立はだめ、公立ですよ」

最後がワトソン氏のお母さんらしいでしょ。

それでね、私はその後、ワトソン家に奨学金を出してもらってフランス語を習う
ために1年間、フランスに留学させてもらうことになる。
もちろん、公立大学だよ (国立!)。


イギリスでのお話はここでおしまい。

これから私は中近東・インド経由でいったん日本に帰り、またインドに渡って
そこで働いてお金を貯めてヨーロッパに戻り、フランスでフランス語を勉強する
んだけど、
その1年間の学生生活フランス編を、このヨーロッパ編 の残り3話に凝縮するね。




       ミニアルバム



ステファン君

 夜、遊びに来てくれた近所のステファン君。

 この数ヵ月後、彼は脳腫瘍で亡くなってしまう。
 もうこの笑顔はこの世では見れないんだ。

 「でもきっといつかまた会えるよ。。」

 (ワトソン家のソファーで)




ワトソン兄妹と近所の家で

 この日、揃ってお茶に呼ばれて行った、牧師さんのお宅。

 やっと登場しましたぁっ! 後ろにいるのがワトソン氏とアネッカだよ。

 ワトソン氏は、正装すると別人のよう。
 欲目で言えば、晩年のチャールトン ヘストンって感じかな。




  あとふたつお話を 、下の <続きを読む> に入れてといた。

ひとつは、私のあとに、たっての希望でワトソン家にオペアガール
として入ったけど、うまくいかなかった子からの手紙。

私はここんとこ、運が良くていいことばっかり続いているように見
えるかもしれないけど、実は大変だったこともあって、それを彼女
がちょっぴりだけど代弁してくれている部分もあるので、裏話とし
て追記に入れておくね。


   
もうひとつは、帰国した直後に、亡き祖母が私に会いに来たらし
い話だよ。kao05

信じるか否かは、あなたにおまかせ。 





その1. 後継ぎオペアガールからの便り


 原文

後継ぎからの絵葉書2
 
実名を消した箇所がわかりにくいので、補って下に書き出した。


Dear 美弥さん、
お手紙どうもありがとうございました。

今、すごく疲れています。
ミス.アネッカをご存知と思いますが、彼女はいろいろ病気を持ってい
て、食べてはいけないもの、嫌いなものが多く、彼女の好きなものは
Mr.ワトソンは食べられず、日本風にお米をたいても、かれらにはクリ
ームソースか何かソースが必要だし、私は毎日じゃがいもを食べたく
ないです。

やっとかたずけ終わって 8:30、9:00 になると近所へお茶を飲みに
行かされます。毎晩帰ってまた犬の散歩。シャワーも1週間に1度く
らいしか。入る時間がないくらいです。

12時を過ぎ、やっと自分の時間。
二人ともいい人なのですが、特にワトソンさんは私に英語を教えたがり、
1時間くらいならいいですが、はっきり言って宿題は終わらないし復習
はできないし、12月にケンブリッジ ファースト(旧ローアーケンブリッジ)
を受けるのですが、もうあきらめています。

ホント2人はいい人ですが、ホームステイにすべきだったと思います。
ゴメンなさい。クリスマス頃まではここにいます。
10月27日







その2. 亡くなった祖母が会いに?

途中で死にかけもして、中近東諸国とインド経由で2か月半かけて帰国
した私が、祖父と今は亡き祖母の遺影と、その時はそこに住んでいた
弟に 「ただいまーっ!」 の挨拶をするために、祖父の家に行った時の
こと。

弟は学校の寮を出て、そこから通学してたんだけれど、その日も登校
後で、祖父も出かけて留守で、私はひとりで茶の間にいた。
そしたらね、隣の部屋から、コツン、コツンと音がしてくるでねえの。

私は、「誰もいないのにおかしいなー」 と思いつつ、隣の部屋をチェッ
クしたけど、だぁれもいないし、音を出すようなものはなんにもない。
気のせいだとは思わなかった。
だって、ほんとにはっきり聞こえたんだもの。

しばらくしてまた同じ音がするので、今度は絶対にその音の出所を解
明しようと、あらゆる可能性を考え、カーテンの裏や縁の下まで調べて
みた。
風? 野良犬? 猫? ねずみ?
うーん、わかんない。
おかしいなぁ…

そうこうするうちに夜になり、弟が帰って来た。
さっそく私がその音の話をしたらね、弟はしんみりだまり込んじゃった。
そして言うには、

「隣の部屋には、おばあさんがベッドで寝ていたんだけど、
おばあさんは用がある時は、ベッドの脇に置いてあった杖で床をトント
ンて叩いておじいさんや俺を呼んだんだ。

きっと、『みやちゃん、お帰り』 って、あの世から言いに来て、
『あたしゃ今、この家にいるよ』 って、知らせようとしたんだよ」

ううっ…涙

祖母がその部屋で寝ていたことは聞いていたけど、私はその杖の
合図のことは全然知らなかった。

やっぱりね、そうだったんだね、
おばあさんは、ちゃんと私を見ていてくれてたんだ。。。






Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する