2-18 嘆きの紅一点 


クラス分けテストが終わる頃、一人の日本人学生が通訳に呼ばれて事務所に
来た。 長身で、ちょっとニヒルないい男だ。
(その人は、ずっとキザな一匹狼を通していた)

彼の通訳によると、まず、学校のスタッフは、私が英語を一言も話せないのに文章は書けるのでびっくり仰天。
”日本ではどんな英語教育をしているのか” と首を傾げているそう。

私の言いたいことは作文を読んでよくわかったが、

JISU (日本国際学生連合 )は、つい最近、“日本人が何人来る”
と電報をよこしただけで、その生徒の名前もお金も送って来ず、

下宿も突然だったためなかなか見つかりそうにないので、今のところで、マリアとの相部屋でがまんしてほしいとのこと。

窓の壊れた部屋には御手洗君と、これから到着するメキシコ人学生が同居することに。

マリアも一人部屋としてそこを借りたのだし、私も御手洗君も何か月も前にJISUに、“自炊可能、朝食付き、一人部屋” として払い込み済みなのだから納得がいかない。

その上、私たちの支払額が法外だと、マリアは目を丸くしていた。

JISUはふつうの観光代理店と違って、世界中の学生の便宜を図る国際的な学生支援組織の日本支部だ。
信用に値するだけの責任を持って物事を処理してほしいよね。(´ヘ`;)

テストなしで入った初心者クラスは、8人中、スイス人一人、ベネズエラ人一人を除いてあとは全部日本人。
それも男性ばかり。

だいたい全校生徒80人中、日本人女性はもう一人、結婚している桂子さんという人だけだったので、
私は自然と日本人男子学生の中に女の子一人、いつも行動はいっしょというハメになったけど、

アイドルにはほど遠く、みんなに馬鹿にされてばかりいた。

一番キツイことを連発していたのが、親分肌の木村嘉男さんこと
”おっちょさん” 。

「日本の恥。
ミーちゃんハーちゃんみたいに、みんなが行くからってたいした目標もなく、ヨーロッパに来たんじゃろ。
金もろくにないくせに、どないするんや。
そのうち夜の蝶や。その節は知らしてな。 わい、客んなったる。」

「おい美弥、まだなっとらんのか?
どうせボロボロになるんなら、はよなって、日本人に貢げや。」

「いこいこ。その話、俺も乗った!」

とは、いつも逆立ちしているか、パイプをくゆらせている体育の先生、立木さん。

「こんな私、買う人いないって! ガキみたいで。」
「平気や平気! “たで食う虫も” って言うやろ!」

御手洗君も、
「おい、ダンヒル吸えよ。(ポイ)」

などと気取っていたのが、彼らにかかると、

「おーい、ひろと! たばこ!」
「えーっ またぁ? たまには自分で買ったらどーなの?」

「ケチケチすんない、よこせよこせー」
「あーん…  (゚´Д`゚) 」


マリアは、半分は仕方なく、半分は嬉しそうに、私を彼女の部屋に引き取ってくれた。
それから私たちの滑稽にして心暖まる共同生活が始まった。

彼女はアルゼンチンの英語の先生。
最初は彼女の言うことがまるでわからなかった私も、忍耐強く一語一語わかるように教えてくれる彼女のひたむきな態度に応え、
頭痛を抑えながらも一生懸命、辞書を頼りに会話の勉強に励むようになった。

日が経つにつれ、言葉は通じないのにお互いの言いたいことがわかるように
なり、

「マリアと美弥はテレパシーで話している」

と周りの人たちを気味悪がらせた程。

彼女の、痩せるための努力にはすさまじいものがあった。
味のないライ麦ビスケット何枚かだけって日も。

彼女はよく、台所の隅で手紙を書いている私を見て、

「ミヤ、風邪を引くわよ。」
「ミヤ、もう2時よ。 寝なくちゃ明日学校へ行けなくなるわよー。」

夏物しか持っていない私にカーディガンやセーターを貸してくれ、あとで返そうとしても、”それはあげたのだ” と言って受け取ってくれない。

「私はあなたのお姉さんみたいね。
”ああしちゃいけない、こうしちゃいけない” って言ってみたり。

いなくなれば気が気じゃないし…。 (´―`) 」





   その頃の写真数枚


紅一点   
  ほんとかいな?
  この状況

  よく無事でいたもんだ!?


                     




img025.jpg  

  無礼な
  日本男児の皆さまご面々







オックスフォード遠景絵葉書

オックスフォードの絵葉書の一枚 (クリックすると、拡大できるよ)




Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する