2-13 ローリングストーンズがやってくる?! 


Aさんは夜行列車でくたくた、B君は、日本からのフライトが大幅に遅れ、空港で何時間も待たされたあげく、ロンドンに着いたのは結局、私と同じくらいの時間だったのだという。
滞在先に荷物を置いて、挨拶もそこそこに飛び出して来たそうな。

私は半袖シャツにサマーセーターを重ね着していたのだけれど、まだ8月 というのに、(今日までだけど。日本を出てまだ5日目なんてね!) 外に出ると凍えてしまいそう。

それでこれから秋を飛び越して冬場に向かうイギリスの気候に合わせて、どっちみち必要になるオーバーを買うことにした。

ロンドンに詳しいA子さんの案内のもとブラブラのぞき歩きしていると、あっという間に一同は、リージェントストリートの裏道、カーナビーストリートの真ん中に。

ロンドンファッションの最先端を行く通りって言われているらしく、珍しいお店がいっぱい並んでいたけど、
たまたまのぞいてみたお店がジーンズや中近東系ファッションのお店ばかりで、オーバーもアフガン主要だったんよ。
あの皮くさくてヒッピー風のやつ。
刺繍がしてあったりする…。

『いい味だけど、今の自分のイメージに合わないなあ…。
だって、学校へも着ていかなくちゃならないわけだし…。』

と躊躇していると、とあるお店の片隅にたったひとつ、まるで毛色の違うツイードの半オーバーがかかっているじゃないの。
取って着てみると、サイズはピッタリ。

そこへ出てきたのが中年の、自称イタリア人のおばさん。

「それは私のオーバーよ。 気に入ったのなら売ってあげるわ。
30ポンドでどう?イタリア製の、あつらえよ。」

A子さんもB君も、よく似合うと言ってくれるけど、
30ポンド(24,000円くらい)は高すぎる。

結局20ポンドまで下げてもらったけど、それでも物価の安いイギリスで、
純毛でもない中古のオーバーに、その時の円換算で16,000円はずいぶん高
かった。。゚(゚´Д`゚)゚。

そのあと、イタリア人経営のレストランで食べたピザがまた、パサパサしていてぶ厚くて、パンケーキのおばけのようだった。
日本のピザは薄くて具とチーズが多くてとろけるようだけれど、どういうのでしょうね、本物のこのピザは!
(日本って、研究して本物よりおいしくしちゃうんじゃないかなー?)


翌朝またふたりと会う約束をしてユースホステルに戻ると、ロビーには例のごとく日本人サークルができていたんだけど、
その日は何人かの外国人も加わって話が国際味を帯びていた。

そこで私は、ニュージーランドの女の子がイギリス人のように何のとどこおりもなく英語で話しているのを見て不思議に思い、

「どうしてあなたは英語をそんなにじょうずに話すの?
いったいどこで習ったの?」

そばにいた日本人に通訳を頼むと、その人、大あわて。
ひとりで汗だくになって、顔をまっ赤にして、

「ノーノー。 何でもない、何でもない!」

他の日本人もあきれ顔で、

「あのね、ニュージーランドでは英語を話すんだよ。
この間までイギリスの植民地だったんだから。」

-そっ そうだったんだ? (゚Д゚;) ほへー


無知な私。大恥をかくところだった。

世界史で習ったのかもしれないけど、頭に何も残っていなかった。
アメリカ人も珍しい日本の環境で、ニュージーランドの人になんて会ったことがないどころか、その存在を聞いたこともなかったんだもん。。 


そこで入った情報が大変なもの。

「明日の午後、ハイドパークで何かすごいことが起こるって噂だ。
ローリングストーンが来るって言ってる奴もいる。
何だかわからないけど、行ってみる価値あるかもよ。」

「えーっ!!」 Σ(@∀@-;)








イタリア人のオーバー

その時イタリア人のおばさんから買ったオーバー
(写真は別の時に撮ったもの)




リージェントストリートにある有名な生地のデパート 
リバティ




リバティ

外観



リバティー内部

内部ディスプレイ1


リバティプリント” と呼ばれる花柄は、日本でもドレスやカーテンや、
可愛い手づくり小物の材料として大人気。


リバティー内部2

内部ディスプレイ2



私がモロッコの市場 (スポット観光編Vol. 3)で着ている花柄の
ワンピースも、これから書く、第三章 中近東諸国・インドへの旅に
唯一持って行った別のワンピースも、
リバティプリントワンピース だったんだよ。







Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する