2-9 国際おせんべいの運命 


あと明日一日しかパリにいられないので、パリ案内を続けるね。
今日はシテ島。

シテ島は、その名の通り、CITE島。英語でいうCITY島。
周囲だけなら1時間で回れそうな、セーヌ河の真ん中に浮かぶ舟のような形の島に、ノートルダム寺院、市庁舎、警察本部、最高裁判所、オテル デュ と呼ばれる市立病院などの主要官庁が、ところ狭しと肩を並べているんだ。
競い合うように、ゴチック建築の傑作揃いで、壮観そのもの。
( ”続きを読む” の絵葉書みて)

その島にかかる数々の橋のデザインもそれぞれ芸術的センスに溢れ、橋巡りをするだけでも一日楽しめそう。
確か、詩にも出てくるよね!

お城風の監獄の角にはパリ一古い大時計があり、その手描き模様の色褪せ方にパリの歴史の古さが感じられたけど、今なお、刻々と時を刻み続けていた。

もとは王宮だったという裁判所の敷地内にある教会堂のステンドグラスの見事さにも感心したけど、

ノートルダム寺院の建物全体細部に手をかけられた彫刻、そして直径10mとか13mの、目も覚めるようなバラのステンドグラス(複数)の前にたたずんだ時は、すっかり心を奪われ、自分の存在があまりに微小で、自分なんてなくなってしまったような気がした。 (外観写真は「5.真珠の涙は涙の真珠?」に)

この寺院建設には180年もかかったそう。
何人の芸術家、職人さんたちに、何代に渡って受け継がれたんだろう。
最初に着手した人々は、その完成を見ることなくして亡くなってしまったんだね!

最高のものを創るためには時間を惜しまないという、その大らかさ、団結心、そして忍耐力を支えているものは、芸術への情熱かなー、それとも、強い信仰心なのかなー…。
とにかく、人間にこれだけのものを創ることができる、という事実に、私は圧倒され、感動した。

フランスはすごいよ!本当にすごい!
人間のすごさ、素晴らしさを、一日二日でもうこんなに感じさせてくれるんだもの。 (まだパリしか見ていないけど)


さて、ここでまた、ユースホステルの話題をひとつ。

日本を発って最初に到着したパリで4~5日滞在したこのユースホステルには何セットもの流し台、ガスコンロ必要器具が揃っていて、材料を持ち込めば自炊もできる。
シャワーも浴び放題で、ヘアドライヤーの使用も無料。

洗面所へ行けば、あらあら、スタイル抜群の外国人女の子たちがバスタオル一枚に裸足で歩き回っている。
みんな私を見て、年端も行かぬ女の子とでも思ってか、にっこり笑いかける。

宿舎は男女で別れ、それぞれの部屋には簡単な二段ベッドが秩序正しく置かれていて、宿人は受付けで当てがわれた番号のベッドにもぐり込むわけだけれど、そのシーツは全世界のユースホステル共通。
長い一枚の白もめん地をふたつに折り、枕と襟カバーの部分だけを残して縫い合わせたもので、“袋”そのものだ。
その中にすっぽり入って毛布をその上にかけて眠るので、手足が大幅には動かせず、寝相の悪い人は袋ごとベッドの上から落ちるしくみになっている。

夜中に少し離れた上段のベッドから中身の入った大きな白い袋がドターンと轟音を立てて床の上に落ちるのを目撃した時には、
一瞬、夢を見ているのかと思ったけど、笑うに笑えずに困ってしまった。
(ブツブツ言いながら元の場所に戻っていたので、大丈夫と思う)

日ごとに顔ぶれの変わるルームメイトたちだけど、朝晩、自然とふたこと、みこと言葉を交わすようになる。
この日に同室になったふたりの女の子たちは、身長180センチもある逞しいノルウエー人。
アルミパイプのついた大きなリュックサックを楽々背負い、ショートパンツにゴムゾウリで、身をかがめながらドアの戸口をくぐって入って来た。

『やさしい単語を並べれば、私の英語も通じるんだな』って思ったのは、この時。

私がジャパニーズイングリッシュで
「あー ゆー すちゅーでんと?」
と問いかけると、
「イエス、ハイスクール スチューデント」
(あらま! あたしよりずっと年下じゃん!)
「トラベリング サマーホリデー」
だって。

私が「ジャパン」というと、
「オー! ゲイシャ! ショーグン!」
には参ったけど、何だかんだ目を白黒させて話していると、

「日本では何を食べるの?
魚を生で食べるの?」

と聞いているみたい。
(この頃は、まだ今ほど和食が世界に広まっていなかったんだね)
すごくへんな顔をして、”信じられない” という面持ちで。

私は焦った。
日本代表として、ここでうまく釈明せねば!

「生といっても海から採ってまるごとかじるわけじゃないのよ。
とてもフレッシュなのを、いいとこだけスライスして、グリーンのジャパニーズマスタード (わさび) とおしょうゆで食べるのよ。」

なかなかうまく言えないよー、ちょっと高度になると… その苛立たしさ!

そこで取りい出しましたるは、数少ない貴重品の、のり付おせんべい。
「どうぞ。日本のお菓子なの。」

ふたりはまじまじその不思議な食べ物を見て、

「板みたい」
「この黒い紙、食べられるの?」

そしてパリ見物から帰った私がごみ箱の中に見つけたものは…!

ごみのまにまに哀れに横たわる、ちょこっと端っこをかじっただけの、その黒紙の貼りついたまるい板っぺらだったのです。

ああ、私の大事なおせんべい!
無情…。








パリのシテ島

cite300.jpg



japon.jpg






Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する