2-7 ぐるり圧巻 コンコルド広場 


凱旋門寄りのビルのひとつの中に、
格安切符専門旅行会社、ダンエアーの事務所を探すよ。

日本のように看板やポスターだらけの通りと違って、フランスでは景観保護条例というのがあるそうで、正しい住所を持ってよっぽど近くまで行かないとどれが何のオフィスだか全然わからないんだ。 (・。・;)

しばらくウロウロして訪ね当て中に入ると、まだ閉まっているオフィスの前に、ヒッピー風の外人の女の子たちが座って開店を待っている様子。
さっそく私たちの仲間のひとりが英語で話しかける。

ラペラ。 ペペラ。

いいなあ、英語が話せるって…。

彼女の聞くところによると、このオフィスはしょっちゅうストライキをやっていて、なかなか開かないんだって。

しばらく待つと、「開けごま!」 の念願叶って開店したうえ、二日後のロンドン行き切符が即座に買えた。5,800円ナリ。

みんな頭を寄せ合って、

「うそだろ。これ、本当に飛行機か?
学割だって12,000円くらいだぜ、今。」

「ちょっと時間表、見せろよ。どこの飛行場着だ?
あれ、おい、イギリスにアッシュフォードなんて飛行場、あるか?!」

「聞いた事ないわ。」

「あれ、パリ-ロンドン間てせいぜい1時間だろ?
これだとあちこち寄って5時間以上かかるぜ。」

「おいおい、密輸機かなんかじゃないの? それ。
それとも途中で方向転換してアラブの方へ連れて行かれて売り飛ばされるとか…。 おら、知らね。」

文明国フランスの中心、パリのシャンゼリゼ通りの航空会社で買った切符。
間違いないと思うんですけど…。 (´(・)`)


さあ、それじゃ、
あこがれのシャンゼリゼ通りを、コンコルド広場まで歩こ!

マロニエの並木が晩夏の陽ざしをキラキラ反射し、通りには見知らぬ外車があふれるように流れている。

その中で一番気に入ったのがシトロエン。
車体が低くて丸みがあって細長くて粋。
街路樹の下の白い舗道に駐車してあったりすると、シャンゼリゼの持つその雰囲気にピッタリ合うんだ。


コンコルド広場に近づくと、広々とした公園地帯が続き、緑もぐっと増える。
そこここに置かれたベンチも、ステキなデザインの緑色。
鳩が人なつっこく寄って来る。

ユース人は慣れたもの。
常備のズタ袋の中からパンを取り出し、ちぎっては投げ、ちぎっては投げ…。


コンコルド広場に着いた時には、またまたそのスケールの大きさに度肝を
抜かれてしまった。立体スクリーンの真ん中に立っているよう。

広場の真ん中には、わけのわからないエジプト風文字の刻み込まれた20数
メートルもある舎利塔(オベリスク)が建ち、

何人もの女神像の支える噴水があり、ガス灯風情の街路灯、

そして思いっきり広く場所を取った、その広場のバロック調建築群の背の高さ
ときたら…。

ギリシャのパルテノン神殿を思わせる円柱神々しいマドレーヌ寺院も、広場を
左に折れたつき当たりに聳え、

右にはセーヌ河とそれにかかる橋、向こう側はブルボン宮、目前にはチェル
リー公園とルーブル美術館、後ろにはシャンゼリゼと凱旋門、斜め後ろには
エッフェル塔と、

どちらを見ても見渡す限り、雄大な景観だ。


だけどここは、
実はルイ16世とマリー・アントワネットが処刑された場所なんだって。
映画やドラマで見たことあるけど、確かギロチン台で、じゃなかった? 

……(たたずむ)







コンコルド広場 
(from PHOTO LIBRARY)


コンコルド広場オベリスク



コンコルド広場から凱旋門



コンコルド広場2

      


コンコルド広場



       



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する