第3章 中近東諸国&インド 1 ロンドン~アテネ 

カテゴリーは 「中近東諸国&インド」 だけど、出発点の ロンドンから
書き始めるよ。



1976年夏のこと。
74年のクリスマスにスイスのユースホステルで知り合った多幸さんことタコ
さんが、旅先から私をイギリスまで迎えに来てくれて、
バイクの旅途上だったヒゲさんと、スペインで勉強中だった純さんがアテネで
合流して、中近東・インド経由で日本に辿り着く計画を実行することになった。

- ところで、タコさんは多幸さんだから 「おい、タコ!」 から始まって ”タコ”
ってあだ名になってしまったらしいんだけど、それって、 ”とぼけたあほ”
みたいなイメージない?
”裕二”っていう名前なので、私は 「裕さん」 て呼ぶことにするね。


実を言うとこの旅は観光旅行でなく、”陸づたいに日本に帰る” というのが
一番の目的だったから、写真も少ししかない上、仲間たちに必死でくっつい
ているばかりで、自分ではメモもろくに取らなかったので、
ルートや町の名前とか、後から思い出してもわからないことが多い。

実際、アテネから先は旅行者専用のバスには一度も乗らず、現地の人たち
が利用する乗り物を乗り継いでカルカッタまで行ったんだよ。
だから観光の参考にはならないかもしれないけど、
その土地土地で聞いたこと、見たこと、感じたこと、考えたことを書いていくよ。
インドまではホントに ”通っただけ” という感じだから、10話のうちの後半は
全部インドの話になっちゃうと思う。


ワトソン氏はそれはそれは心配そうだった。
「あなたに何かあったら、マムに何て言い訳すればいいんだ」って。
(マムには、”取り乱すから”って、私が帰国することは伝えないことにしよう
っていうことになっていた。
心残りではあったけど、私は次の目標としてフランスに留学するためにまた
戻って来るつもりだったから)

そして、「困った時はこれを売りなさい」 って、純金の指輪を持たせてくれた
けど、それは中古店で買ったダブダブにサイズの大きい指輪。
それも知らない人の名前が彫ってあるの。
(ほんとにワトソン氏の人柄そのもの…ファッション性は皆無で、実質重視)
セントステファンという、旅行者を守ってくれるという聖人の銀のペンダントも
(どこかの中古屋さんで)手に入れてくれた。

裕さんたちとスイスで 「一緒に陸路で中近東・インドを旅しよう」って話してか
ら1年半、別れてから途切れ途切れに連絡は取っていたけど、
本当に実現する日が来たんだ。

「女の子がオーバーランドで中近東・インドへ? 大丈夫?」
とか、知り合いや友だちも口を揃えて言ったけど、
「”連れては行くけど、女の子扱いはしない” って条件付きなんだ」
って、涼しい顔して私。


そういうわけで出発!

持ち物はまた小さなリュックひとつだったけど、さすがに一応、綿の花柄ワン
ピース一着と、それに合うサンダルに、水着と日焼け止めなど、化粧品一式
は持っていた。 最初はね!

できるだけ安い手段でということで、まずロンドンのビクトリア駅から、
“マジックバス” という名のローマ経由アテネ行きの長距離バスに乗る。 
その時の、突飛もないアイデアは…

「ブーツ型のイタリアのヒールの先っぽまで行けば、ギリシャは海を隔てて
すぐ向こう側だから、もしローマまで行ってその先、海を渡れるようだったら、
船でギリシャへ行こう」 ってものだった。
(日数がよけいにかかりそうなので、結局そのままローマからオーストリアま
で北上して、アテネまで南下したんだけど)

何日もかけていくつもの国々を通過するのに、ロンドンからアテネまで
15,000円という信じられないような格安価格だったので、
廃棄寸前のオンボロバスを想像し、さぞ乗り心地も悪いだろうって覚悟して
いたんだけどね、
目の前に現れたのは、そこそここぎれいな観光バスだったから、他の外国人
若者バックパッカーたちも私たちも、キツネに包まれたようで。

「これぞ本当に天からぼた餅(??)だね。思いがけないところで得しちゃう
もんだ。」
なあんて言い合って、喜んでいた。

ところが、ロンドンから海の際までこのバスで行き、フェリーに乗り換えて向
こう岸のフランスの港で待っていたのは!!

これ以上汚くなれるか、というくらい汚れに汚れたバスで…
車体の色も柄も、全くわからない。
それほどまっ黒に、泥とほこりまみれた物体だったんよ。

みんな口々に、
「えーっ! うっそーー!! 信じられなーい!!!」
「イッツ ア ナイトメアー!!!」
(一緒にいた外国人。「悪夢だぁ!」 という意味)
一様に、唖然とするのだった。
(ほんとに、マジックバス=魔法のバス だった。ドロンと変身を遂げちゃって)

あの、私たちに夢を与えてくれたそこそこきれいなバスでずっと旅するので
なく、あれはイギリス国内用の短距離連絡用で、港まで私たちを送るだけ送
って、さっさと引き返してしまったということらしい。
見かけ倒しとか上げ底って、こういうことだよー。
(ちょっと違うような気がするけど…)

大丈夫なのかなあ…アルプスの山道とか、登って行くんだよねー、これで…

今回は長距離バスなので、目的地へ向かって走るのみ。
トイレ休憩はあっても、途中下車しての観光はナシです。
とにかく、座って窓の外を眺めては眠るだけ の旅。

美しいヨーロッパの町や山村風景を、動く絵本の中に飛び込んだみたいに
楽しんだよ。
揺られながら、ほとんど眠っていたような気がする。
そうして目を覚ました時々に窓から見た風景が、フラッシュバックのように
脳裏に焼き付いている。

ある朝、まぶしさに目を覚ますと、何と外は一面の雪景色だった。
(下界は夏なのに!)
真っ白な林に森に、教会の塔。
本当に、クリスマスカードの絵そのものだったんだよ。
あれはオンボロバスが息切れしながらアルプスの山越えをした時のことで、
標高の高いオーストリアの山中だということだった。



img618.jpg
バスの休憩地で買った、オーストリアの絵葉書


img617.jpg   

   
   その絵葉書を、ユーゴスラビアで投函
   した時に貼った、ユーゴスラビアの切手








またある時、目を覚まして寝ぼけまなこに飛び込んでたのが、ローマのコロ
シウム。
「ほら、ここがあの有名なコロシウムだよ」
と言われ、眠い目をこすると、あの写真やテレビで今まで何度も見たことが
ある円形劇場が目の前に聳え、バスはスローモーションのようにゆっくりと
その脇を巡って通り過ぎた。


ローマコロシウム
走るバスの窓から撮ったコロシウムの一部



また別の時、目を覚まして外を見ると、黒い衣で全身をすっぽり包み、目だ
け出した女性たちが、村の道を歩いていた。
運転手さんに聞くと、そこはユーゴスラビアだということだった。
ヨーロッパの国々を通っているつもりなのに、窓からのそんな景色に、ちょ
っと驚いた。

4つめのフラッシュバックは、アテネのリカピトスの丘。
ここも二度目だけれど、霞のかかった夕焼け空をバックに、遠くあの丘のシ
ルエットが浮かびあがって来た時には、

「とうとうフランスの海際から内陸を抜けて、地中海の港町に辿り着いたん
だ」 っていう実感が湧いたよ。


その足でユースホステルに向かう。
ヒゲさんと純さんは、私たちの到着から2日目に合流した。

ヒゲさんは相変わらず日焼けしていてますます逞しくなって、それとは対照
的に、純さんは知的で静かな感じの人だった。
長いまつげの大きな目でじっと人を見て話すので、男でもドキドキしちゃうん
じゃないかなー…。

この町で、中近東諸国やインドに行くのに必要なビザを取り、予防接種を
受けるんだ。
予防接種は2回、それも間に1週間おいて打たなくてはならない。
それで、指定された場所に1回目の注射を受けに行って、じゃ、その間の
1週間をどうやって過ごそうかという相談になり…
私のミーハーの女の子の権化的切望により、地中海の島のひとつに行くこ
とになった。

私は学校の冬休みにクラスメートとミコノス島へは行ったことがあるので、
じゃ、別の島ということで、イドラ島にしてもらう。

楽しかったナー。
エーゲ海のふたつの島に行っちゃうなんて、夢のようだね。
ひとつは、「ちょっといいな」 って思っている人と…!

いつも貧乏旅行だけどさ。


****************************************************************

( この時のミコノス島とイドラ島記事は、"島特集" でこっちに)
スポット訪問記 Vol. 8 ギリシャ/ エーゲ海の島々 フィリピン/ セブ島

****************************************************************


イドラ島見えてきた
日差しが強くて鼻がヒリヒリするので、ハンカチで防御しているとこ


アテネに戻り、残りの日々をパルテノン神殿や、そこに続く坂道にギッ
シリ並ぶ面白いお店を覗いたり、
いろんな広場や、レストラン、クラブ、屋台が並ぶ地区や、港に行って
海を眺めたりしてブラブラ過ごした。



アクロポリスのふもと
アクロポリスの丘のふもと
(また継ぎ当て付き黄色い胸当てジーンズをはいてるー!汗とか




食べ物屋さんではどこへ行っても陽気なギリシャ音楽が流れ、長いお昼休
みや夜は、そこにいた現地の人々が一緒に踊ろうと手を差しのべて来た。
ギリシャ音楽は、ギターの調べに乗って太陽がサンサンと降り注ぐイメージ。
グリークダンスのステップも簡単に真似できてとっても楽しい。

不思議なのは、ギリシャの女性がそういう場所にいないこと。
外で食べたり飲んだりして楽しんでいるのは、男性ばかり。

旅の途上では結構警戒していて知らない人には厳しい表情や言葉遣いを
する裕さんだけど、
私が現地の人たちとしゃべったり踊ったりすると、隅っこで目を細めて笑っ
て見ていた。

希少な裕さん他の仲間の写真は、もう少しあとに登場するからね!
(男の人は、そんなに写真を撮りたがらない)

2度目の注射も済ませ、これからトルコのイスタンブール行き各駅停車の
電車に乗るよ。




    ミニ アテネ案内



アテネからの絵葉書文面

家族への絵葉書文面

「インド方面の為の予防注射に一週間かかるので、地中海の小さな島へ
渡ってのんびり時間をつぶすことにしました」 なんて見栄張って書いてる
けど、ほんとは1泊だけだったんだヨー。 kao06  1泊2ドルのホテル。 




img610.jpg

パルテノン神殿の北側にあるエレクティオン神殿の六体の少女像 (絵葉書)


パルテノン神殿6      パルテノン神殿7


アクロポリスの丘円形劇場

後ろは円形劇場


パルテノン神殿 (世界遺産) メモ

裕さんによると、ここは遺跡ではなく廃墟だって。

そう言われてみれば、大きな円柱などが無造作に転がっている。
ギリシャの人たちは長い間ここを管理せず、19世紀初めまでは誰でも寄って
たかって彫刻を剥いで持ち去り、
残りのものも長い間、風雨に晒されるままになっていたんだって。

そして19世紀の初めに、ほとんどの価値あるものはイギリス人が持って行
ってしまって、本物は大英博物館にあり、ギリシャの博物館にあるものはレ
プリカだそう。

えーっ! そんなことってあるぅ??

そのイギリス人(当時の駐トルコ大使。その頃アテネはトルコの領土だった)
は、文化遺産を強奪したと世界中から非難されているらしいけど、
戦争で破壊されたまま修復もされず、剥いでは持ち去られ、雨風に晒され
ているこの文明の遺産を見るに見かねて、トルコ政府の許可を得て私費で
ここの彫刻等を買い取ってイギリスに運び、買った値段で大英博物館に売
ったっていう話だ。

そして、大英博物館にいい状態で保管されるからその方が良かったと考え
る人も多いらしい。

どちらにしろ、今は返還運動が進んでいるみたいだよ。


そんな退廃的な背景や雰囲気を範疇に入れても、やっぱりここの遺跡は、
小さな人間の及びもつかないような神聖さ、おごそかさがあって、そう、ギリ
シャ神話やソクラテス、プラトンさんて名前が浮かぶからかなー、
何か不思議な動悸を覚えたよ。



ギリシャの食べ物

やっぱり高級料理店で高級料理は食べなかったけど、ギリシャ庶民のお店や屋台のお料理は、美味しいものがいっぱいあった。
中でもナスとひき肉を使った”ムサカ” というのが私は気に入った。

それと、ふつうヨーロッパ人はイカやタコを、”ゲテもの” として気持ち悪がっ
て食べないんだけど、同じヨーロッパでも、ギリシャではイカやタコが美味し
いお料理で出て来て嬉しかったよー。
オリーブ油いっぱい使ってね。

日本人とちょっと近いゾ。



小包切手

日本へ送った小包みに貼った切手



どーでもいいことは、追記↓ 続きを読む >> にいれといたっちゃ。


        

余談 その1   女心

女性の読者さんは気付いてくれた?
なぜ私がむさ苦しくなるはずの、男連中に混じっての砂漠地帯縦断の旅に、
花柄のワンピースや水着を持っていったか…

私は裕さんといっしょに行動できることが、とてつもなく嬉しくて、少しは女の
子に見てほしかったんよ。
まだヨーロッパ圏にいるうちに、ちょっとはロマンチックな雰囲気出しとこうか
なって思ったりして。

恋愛に発展するかどうかはわからないけど、一緒に旅をしていれば、いろん
な状況でその人がどんな行動を取るかでその人の本当の中身がわかる。
私はこの厳しい旅を通して、裕さんのいろんな素顔を発見して行きたいんだ。
きっとほのかな恋心なんて吹っ飛んでしまって、のろまでいつも叱られなが
ら、命がけで信頼することになると思うけど。

1年半前にスイスのユースホステルでお世話になった時、裕さんは、フィン
ランドで自分を思ってくれている人 (本物の日本人よりずっと大和撫子らし
いフィンランド人の女性だって) がいるようなことを話していた。
その人のこと、そのうち聞いてみよう。 こわいけど。

きっと私のことは、仲間の一人か、頼りなげだから同国人のよしみで、
助けてあげようとか、そんな程度なんだろうと思う。
でも、いっしょにいてほんとに楽しいんだ。
気さくでみんなを楽しませてくれるのに、物事を冷静に見て判断できて、どこ
にいる時も、誰が決めたわけでもないのに、いつの間にかみんなのリーダ
ーとして認められてしまっているんだ。

今はいいよ、仲間のひとりで。
その方が気が楽だし、今は今のままの形が好き。

でも、この旅が終わる頃には心が通じて、カップルになっていたらいいな。
キラキラ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *    

余談 その2   反女心


そう、このへんまでは、リュックひとつでも、“ヨーロッパ旅行中” って感じで
いるけど、ここから先、中近東に入るあたりで、私は女を捨てた。

えーっ、そういう意味じゃないってばー!
化粧道具を捨てたんだよ。
コバルトブルー色の平たい円形型缶に入ったニベアスキンクリームまで!

これから先は、おしゃれどころではない。
30℃ある砂漠の町や平野を、インド目指して何十時間と電車やバスに揺ら
れて横断して行くんだからね。

覚悟を決めた。
というわけで、化粧品は全部捨てた。
荷物になるし、瓶入りの化粧水が税関でひっかかったりしたら証明するの
めんどうだし。

これから先は、すっぴんだぁ! がーん






Comments

やっぱりあなたには文才があるよ!一緒に働いていたときも自分新聞書いていたけど あのときが懐かしいし嘘みたいな世界でもあったけどね?        仕事で毎日 またクリックできるときはするからね。いまやっとアテネまできた。これからが大変なんだね。楽しみ!X

Re: タイトルなし

遠い宮崎でご愛読&応援ありがとう。
離れてしまっても、こうして繋がっていられて嬉しいな。
がんばろね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する