2-5 真珠の涙は涙の真珠? 


「俺たちはね、いじめようとしてこんなことを言ってるんじゃないんだよ。
キミみたいな純情な子が、どこかでひどい目に合いでもしたらと心配しての
ことさ。
世の中には悪い奴がいっぱいいるんだ。
外国でひとりで生きて行くってことは簡単じゃないぞ。」

それなら日本にいても同じじゃない?
嫌なこと、大変なこと、そして、悪い人はどこへ行ってもいると思うんだ。

どうして男の子は日焼けしてほこりまみれで旅して、自分の生まれたこの
美しい地球の風物を気ままに自由に見て歩き、
世界各国の人々と友だちになって、心の通うおつきあいができて…

女の子にはできないわけ?

それに私は、ちゃあんと自分が女の子であるということはわきまえていたか
らこそ、ヒッチハイクをしなくて済むように、長期有効の鉄道フリーパスも買っ
たんだし、
道路や公園で寝なくて済むように、全世界のユースホステル、学生宿、旅行
者を泊めてくれるカトリック女子寮や、お寺の所在地まで調べておいたんだよ。
女の子なら女の子なりの素晴らしい旅ができるよね?!
自分を守る強さも持っているつもりだよ!

「私、好きなことをしながら死ぬのはこわくない。
人間はどうせいつかは死ぬんだもの。
旅をしながら、きれいな湖のほとりや雄大な山のふもとで死んで自然に還れ
たら、かえって幸せかも。
誰かに殺されるとしても、相手に、

“こんな私を殺して一生罪に問われるあなたがかわいそう。
どうぞあなたを愛する方々のことを思って思い断って。
それでもだめなら仕方ないけど。
その際は、私の死体を美しい自然の中に捨てて。
ゴミ箱の中には捨てないでね。”

って言う。
私、死んでも構わない。
行った先、行った先で精いっぱい生きて、夢を叶えている最中なら、たとえ命を
落とすようなことになっても後悔しないもん。」

その私の言葉に、みんな、もう勝手にしろという面持ちで。
それ以上、取り合ってくれようともしなかった。 ┐(´д`)┌ ヤレヤレ  

その日のことだ。
女子用のロッカーがいっぱいで途方に暮れていたところ、ちょうど通りかかったユース仲間のひとり、自称商社マンが、自分の荷物といっしょに私のも、男子用のロッカーに入れて預かってくれると言う。
もう家族のような気がしていた私は、その申し出を受け入れ、バックパックと
手提げかばんを預けたんだけれど…。

その人は翌朝早々、私の荷物を受け付けに預け、チェックアウトして、姿を
消していたんよ。そして…

中を改め、手提げかばんの底にしまっておいたアクセサリー入れの中から、
叔母から贈られた唯一の宝石、真珠の指輪がなくなっていることに気付いた
時は、何度も何度も改めながら、心がズタズタに…。

十分なお金も頼る人もなく、日本を出てきたばかりの、それも自分を信用して
預けてくれた女の子のバッグから金目のものを盗み取るなんて、最低だよね!!もう、盗まれるようなものは何もないから、気は楽だけど。

“あんなろくでもない人に殺されたら、やっぱり後悔するかも”

って思った。



××× ××××× ××××× ××× ××××× ×××××

 
気が落ちることがあったので、気分一新のためにきれいなもの先取りね。
翌日行ったノートルダム寺院だよ。(世界遺産)




バラのステンドグラス500


バラのステンドグラス 外側より (直径10メートル)



ノートルダム2

その前に立って 

寺院の中で見たステンドグラスは、
床に落ちた虹色の影が揺れて呼吸しているようで、
本当に美しかった。




ノートルダム寺院裏側

寺院 反対側より

寺院にしては珍しい表情を持ったデザイン。 優雅で繊細というか…
さすがパリ?

(両親に送った絵葉書)


   ××× ××××× ××××× ××××× ××× 

                         

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する