1-2 先発の亮介兄さん 

あれから仕事を探してみた。
ところで履歴書には “大学中退”って書いてもいいのかなー。
中退って、高卒と同じなのかなー…?

短い間にお金を貯めるために、昼間は正社員で働き、夜は飲食店系でバイトをすることにしたよ。今、新聞の求人欄や、求人誌を見ている。

その私は19才の大学二年生。ひとつ年上で学年はふたつ違いの兄がいる。

その亮介さんは、中学から私立の男子校の寮に入るためにいなくなってしまった。

私も高校から厳しい私立女子高の寮に入ったので、夏休みとかの長い休みに、弟が預けられている祖父母の家で、
やはり寮から数日帰省して来た兄さんと合流するのがとっても楽しみだった。

蚊帳の中に、いっしょに捕ってきたホタルを放して、私と小さな弟にいろんなおもしろい話をしてくれたっけ。
怪談とかもね。

兄さんとも弟とも、もっともっといっしょにいたかったけど、気がつくといつも兄さんはいなくなっていたんだ。


その亮介兄さんは、すでに日本を脱出している。

本当は芸大を受験したかったんだけど、実力からも経済的にも難しかったから、お金を貯めて外国へ行くことに。
そして18才で季節労働者に混じって工場で油だらけになって働いた。時給がいいからって。

「まだきれいなもの素晴らしいものに素直に感動できるうちに、自分の生まれた美しい地球をこの目で見て歩きたい。
社会に出て計算や諦めで、歪んだ見方しかできなくなる大人になる前に」

そんなこと言ってた。
私、かなり影響されちゃってる? (;・∀・)

そうして兄さんは一年間働いてお金を貯めて、去年19才で世界放浪の旅に出た。
それも、“♪横浜の波止場から船に乗って”だよ。
すっごい勇気があると思った。


忘れられないなあ、見送りに行った時のこと…。
埠頭に横付けされた大きな白い客船はね、そこに停泊している間は、まるでひとつの大きな建物みたいだったんだよ。
それがね、ボォ~って汽笛が鳴り響いたと思ったらぐらりと揺れて、そして岸から離れて行ったの。

1m… 2m… 5m… 10m… 30m……

大好きなビートルズのBGMを肩から下げたテープレコーダーから流して、記念すべき旅立ちを自分で演出しちゃったりしてさ! 

だけど、その音がだんだん遠ざかって小さくなり、亮介にいの顔が米粒のようになった。
でもその表情は想像できたんだ。
手を大きく振りながら、「おまえも早く来いよ~っ」って言っていた。

えー? そんなこと言ったってさぁ。
あんたはいいよね、男だもん。
私は女の子だよ。 それもふだんは超ふつうの…。
ふつうって?
 
うん、それはね、成績優秀でもないし、特に何か得意だったり打ち込んでいたりするものもないし、性格もみんなの人気者とかそんなこともないし。

それどころか小さい時から厳しい祖父母の監督下で育てられ、その後も時代遅れと言われる程の厳しい女子寮で過ごしていたせいもあるのか、すっごく堅い。

常識とか人の目とか気にして思い切ったことなんてできないし、嫌われるのがこわくて、いつもまわりの人たちの顔色を見て合わせているだけの退屈な女の子だったんだ。
自分から目立つことをしたりみんなを笑わせるとかなんてこと、全然できなかったし。

だからね、性にもなく芸術学部演劇学科なんか受験したんだよ。
清水の舞台から飛び降りるつもりで。
だって全く違った人生を生きてみたかったんだもの。

幸い補欠で合格したけどそれは受験科目に理数系がなかったせいもある。
あったら完璧に落ちていた。


そしてその日も、船自体が米粒のようになって。
亮介兄さんは紺碧の地平線の彼方に消えて行ってしまったんだ。。。




 私がいっぱい影響を受けてしまった亮介兄さん 紹介コーナー 




身長176センチ。水瓶座。
年はひとつ違いだけど、遅生まれなので
学年はふたつ上なんだ。
これは実際にフィンランドから送って来た写真。



       

         中学時代



高校時代 冬バージョン


写真が出ない時は、少し待ってみて。




Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する