アルゼンチン(3) 町の郵便局で 



こちらが、

「マリアさんが毎年、クリスマスになるとプレゼントの小包を送っているこの日本のミヤさんという人は、どんな人なのかな…
名前がすっかりお馴染みになってしまって、親しみを感じる。
一度でいいから会ってみたいものだ。」

と、今年の1月にマリアのご主人に話したという郵便局員さんです。
アルゼンチンから一番遠い国だし、それから間もなく実際に私が目の前に現れるなんてきっと思ってもいなかったでしょうね。

一応プライバシー保護のため少しぼかしましたが、ダンディーな上、とっても誠実そうなおじさんでした。
サプライズで入って行って自己紹介したら、局員さんたちは大喜び。
みんなでワイワイ記念撮影とかしていたんだけれど、このおじさんがすごく静かだったの。
「いったいどうしたんだい?」と他の局員さんが聞いたら、彼は固まって口がきけなくなっていたのです。
あまりの感激に圧倒されて。
この写真はその時の表情を撮った貴重な一枚。

「サプライズ登場大成功」でした!




おじさんも若い局員さんたちも、お元気で。
また会う日まで…






マヤ歴によれば、何年何月何日世界の終わりが来て、ここにいる者だけ助かるという説で、数年前に世界中から信じる人々が殺到した山。
TVのニュースで観たけど、まさかほんとに行くことになるなんてね!


スポット訪問記 Vol. 26  アルゼンチン/ マヤの聖地 ウリトリコ山

                 (クリックで行けるよ)
へつづく…           



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://annuyle.jp/tb.php/167-9527b094