通訳よもやま話(2)ドジしたエピソード 


バンクー-バーオリンピック、終わってしまいましたね。
アスリートたちのがんばりには、いつも新鮮な感動と熱い涙を覚えます。
オリンピックを観るのに忙しかったこともあるけど、それに関連した私のドジな体験をお話するのはちょっと気が引けて、今日まで延ばし延ばしになってしまいました。間が空いてしまって、ごめんなさいね。



さて、お話はこうです。

オランダのスピードスケート選手、コーチ、チームドクターさんたちがある国際交流イベントに参加してくれた時に、私がボランティア通訳として出かけたんだけれどね、
私がとんだドジを踏んでしまう土台が、最初にされたその選手、コーチ、そしてチームドクターの紹介の中に潜んでいました。
チームドクターのお名前が「ドクター シュミッツ」だったのよ。
お話のメインパートに入る前に、このことをちょっと頭に入れておいてね。

さあ、さまざまな歓迎のプログラムが終わり、参加者全員が大きな会場に集まって、選手たちの話を聞いたり、質問したりする時間になりました。
金メダリストがぞろぞろのオランダスピードスケートチームですから、そんな場面に立ち合える観衆もドキドキワクワクだったでしょうね。

そこで、「どうしたらそんな一流の選手になれるのか」っていう質問が会場にいた小学生から出たの。
そこで、オランダの選手のひとりがこう答えたんです。

「努力、努力。とにかくトレーニングを一生懸命続けること。
ミスター シュミツもあんな小さな体でがんばっているだろう?」

(?は?)「ミスター シュミッツ? それはどなたなんでしょう?」

と私。本人に聞き返しました。
私は、通訳をする時は、わからないところがあれば勝手に想像せずに、わかるまで何度でも聞き直すことにしているので。
すると彼は、「あのミスター シュミツだよ、小さな体の」
と言って、ミスター シュミツさんという人の滑り方を真似してみせたの。

私は、「はあ、そういう名前の選手がいらっしゃるんですね! 体は小さくてもがんばれば大丈夫だそうですよ」


皆さんはもうわかりましたよね?
誰でもわかりますよね!

このオランダ選手は、日本人が英語の「オハイオ州」を「おはよー州」、「アリゲーター」を「ありがとー」とか自国語で似た語呂の単語で覚えようとするように、
たぶん「ミスター清水」を「ミスター シュミッズ」とかいうふうに覚えたのでしょう。
正しい日本語の「シミズ」はヨーロッパの人たちにとっては難しい発音なのだと思います。
(そういえば、「りゅうじ」という名前も言いにくくて、彼らは「ルイジ」と言っていました)

私はその前に、「ドクター シュミッツ」というチームドクターの名前を聞いていたので、それが頭にしっかり残り、選手の口から「シュミッツ」とも「シュミッズ」とも聞こえる得たいの知れない名前が出た時に、「きっとオランダ人選手なのだ」と思い込んでしまったのでした。
先入観というのは恐ろしいもので、通訳の敵であります。

そういうわけで、そこにいた人たちは全員、そのオランダ選手が言っているのは清水宏保選手のことだとわかり、私一人だけわからないでいたのでした。(その瞬間は、なんという摩訶不思議な世界)
質問に答えて下さった選手さん、そして清水宏保さん、本当にごめんなさい。

でも、清水選手が滑る姿を真似して見せて下さったので、会場の皆さんは全員、それが清水選手のことだとわかったこと、そして全体を通してとても心暖まるエキサイタティングなイベントだったので、みんな笑って私の失敗を許して下さった(らしい)ということが、私にとっては素晴らしい思い出になっています。



恥ずかしさもいっぱいだれど、これもなかなか体験できない貴重な思い出なので、読者の皆さまにだけお話しました。
次号はもう少し早く書くようにしますね。



★***★***★***★***★***★***★***★***★


オランダTV局スタッフ

その時、取材に来たオランダのテレビ局スタッフと記念撮影。
なんと、レポーターさんにお姫様だっこされてしまいました。



★***★***★***★***★***★***★***★***★


Comments

ご無沙汰しています!
久し振りにお邪魔致しました。
冬季長野オリンピック思い出しましたよ~今回も沢山の感動を頂きました。
ケニア、ワイナイナ選手・ロシア、イワノワ選手、ポルトガル、ロサ、ロサ・モター選手とツーショットや通訳凄いですね!マラソンは何時も見て感動を頂いた選手達ですものね~
又お邪魔致しますね!
  • [2010/03/16 10:10]
  • URL |
  • ハッピーです!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: タイトルなし

早速の反響、ありがとうございます!
いろんな人たちとじかにそして対等に接する機会があるというのは、通訳に限らず、ボランティア参加の醍醐味ですよね。

失敗については、「かの西山千先生も”林間学校”の英訳を「リンカーンスクール」とやったことがあるそうですから、気にすることもないと思います」
というお便りを一読者からメールフォーム経由でいただいたので、いち「へぇ~」を皆さまにもお届けします。

はじめまして

ブログランキングを見て、初めておじゃましました。素敵な生活ですね。
大変なことも多いけれども、得るものも多いんでしょうね。
清水さん、結婚なさったんですよね。本当に、がんばり屋の清水さんについていく奥さんは、素敵なかただろうと思います。

Re: はじめまして

コメントありがとうございました。
お返事遅くなってごめんなさい。
清水さん、朝の番組でコメンテイターとしもてとてもいい感じです。
苦労されたので、人の心がわかるというか…

長いブログですが、お時間のある時に時々また覗いてみて下さいね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する