3-15 マドラスで事件(2) 

ここから、前回の話の続きになるよ。


そのマネージャーは、やっぱり不正をしていた。
(インドの物価にしては)たくさんの給料をもらっていたのに、それと同じくらいの額を自分のポケットに入れていた。
日本の社長は2年間も騙され続けていたんだ。

社長は警察に通報したけど、手入れ前にマネージャーが手を打ったらしく、警察は 「関知しない」 とした。
(しても意味ないよ。公正な捜査や裁判が行われるとはとうてい思えないもの)

その時にマネージャーが私に言った言葉。
「あなたたちはインドの事情をわかっていない。
従業員たちは安い給料で働くのだから、それでいいのだ。
それがビジネスというものだ。

あなたたちは日本のやり方を適合させようとしているのかもしれないが、インドのことは私に任せておけば良かったのだ。」

いいよ。
彼の言うことは正論かもしれない。
もし資本を出し合うとかする ”共同経営者” だったらね。
でも実際は、彼は月給いくらの雇われマネージャーだったんだから、二重経理はまずいでしょう。
”従業員を育て、大事にしたい” という日本人の心が全くわかっていないのはあなたでしょう!


不正が明らかになってから社長を含む日本人スタッフとマネージャーの関係は最悪に。
私が行く前から通訳兼ビジネスアドバイザーだったという日本人の加担も明らかになった。

日本へ帰国するための飛行機のチケットもマネージャーによりキャンセルされ、銀行口座にもアクセスできなくなってしまった。
私たちは事実上、借家に取り残されたというより、監禁、監視されている感じになってしまった。

そこで力を貸してくれたのが、元従業員たち。
夜になると変装して情報を持ってきてくれた。
それで私たちは再度、飛行機の切符を買うことができて、日本へ帰国したんだ。


空港の出国オフィスで、何と私は係官に食ってかかってしまった。
「こういう事情で帰るのです。あなたの国は弱い人たちを見捨て、一部のお金持ちの不正を許す… 何て国なんですか!」
とかいろいろ。
その人たちに言ってもどうにもならないとはわかっていたけど、感情が溢れ出してしまったんだ。

係官は私が泣き出してしまったので、唖然。

社長が後で、
「あの従業員たちのためにここまで泣ける奴がいるなんて、正直あの場面では俺も愕然としたよ。魂がえぐられるような感じだった。」
だって。


これが私のインド・ビジネス編でした。
次回は順番は前後しちゃうけど、マドラスに滞在中訪ねたバンガロールとマイソールを紹介するね。
こんな状況でノーテンキに見えるかもしれないけど、実はそこでつかの間の超切ない恋に落ちてしまう。 

ほどほどに正直にレポートするので、まあ、乞うご期待。
ねこ





(↓追記あり)

ガンジー考

「ガンジーはなぜこの人たちにハリジャン(神の恵みを受けた子どもたち)って名前をつけたの?」
インドの仏教徒の若者に聞いてみた。

彼は答えた。

「ガンジーはインドの独立のためには戦ったけど、こういう人たちの差別をなくすためには戦わなかった。
ガンジーはもともと上流階級の人で、不可触貧民を人間と認めていなかったから、人間の問題と思わず、だから問題にしなかったんだよ。
ガンジーが不可触賎民を ”神の子” と呼んだのは、彼らの存在がインドのイメージを悪くするので、そう呼ぶことで世界に対してクリーンなイメージをアピールしたかったからさ」
とも。

えーっ!!そんなー…
無抵抗主義で戦ったあの尊敬するガンジーさんがですかぁ??


歴史の出来事にはいろんな見方があるし、いろんな人のいろんな意見があるけど、”ステレオタイプ”っていうの、一部しか知らずに、「この人はこういう人」とか、「この国の人はこういう性格」とか、思い込んでしまうのはいけないよね。
だからいろんな人と話して生でいろんな意見や考えを聞くことが大事なんだね。

私はいまだにガンジーとマザーテレサへの尊敬の気持ちは変わらないけど。



*****  *****  *****  ***** 
                        

お知らせと提案

★ 「3-8 マドラスで通訳」 少し直したり説明と写真を足したりしたので、”読み済み” の方はお時間のある時にもう一度戻って見て下さいねー。
インドのおべんとうランチ~レストランの食事あたりです。


★ ごめんよ。
物価については時々他の国の記憶とごっちゃになっちゃうことがあるけど、先週更新してから当時のメモを探し出して確認、訂正しました。

当時は、
「インドに行けばお金の価値が10倍なる」って言われていたから、1ルピー30円=日本の300円くらいの感じだったのかな。

メモによると、

一般の工員の一日の給料は、下は2ルピーから。
つまり月給にすると、44ルピー(1,320円)~

他に、一般のお抱え運転手の月給が200ルピー(6,000円)
ホテルマンの月給が150ルピー(4,500円)
銀行の頭取が、500ルピー(15,000円)

ほんとに10倍にするとちょうどいいかも。30年前の基準だから。
(うちのマネージャーの給料は知っているけど、何年経っても一応個人情報なので 書くのは控えておくね)


国境なき医師団について

今回の記事でもわかってもらえると思うけど、お金の価値は国や地域によってものすごく違ってくるんだ。
私たちにとったら何でもない1コインが、他の国では何十倍の価値になって力を発揮したりする。

実は私ね、2000年頃から、”国境なき医師団” に一日 50 円 =毎月 1.500 円
の寄付を、銀行の自動引き落としでしてるんよ。

世界のいろんな国に援助の手を必要としている人たちがたくさんいるけど、私には現地へ行って人生を捧げる勇気もないし、大金を寄付することもできない。

みんな、自分たちに何もできないことを、どこかで申し訳なく思っていない?

私もそうだった。
よくドアベルを押して寄付を集めに来るグループがあるけど、インチキだったこともある。
たとえどこかの組織を通しても、本当に必要としている人たちに届くかどうか確信が持てないでしょ。
国境なき医師団はお金や物と一緒に、人が行っている。

”一日 50 円キャンペーン” だったら、少しくらい家計が苦しくても、出せる額でしょう? 
こんな平和な日本に住んでいられるんだし。

国境なき医師団は、活動内容も詳しく知らせてくれるよ。
「たったの 50 円だけど、私は何もしていないわけじゃない、今できる何かはしているんだ」 って気持ちになれる。

もし何かやりたいけど、まとまった額は寄付できないとか、どうしていいかわからない人は、ここから始めてみたらどうかな。

「お医者さんたち、ありがとう。何もできなくてごめんなさい。ささやかですが、支援させて下さい」 って。
この記事を書いていて思いつきました。 

(ごめんなさい。その後経済的理由に鑑み、1,000円に減額させてもらいました。’14の私より)



資料と連絡先 ↓
国境なき医師団寄付案内


最新号のニュースレターの一部 ↓
国境なき医師団ニュースレター部分2


連絡すれば、銀行の自動振り替え用紙を送ってくれるよ。 拍手



★ コメントについて

前回初めてオンにしてみたところ、もらえて嬉しかったので、来ても来なくても今後の記事は全部オンにすることにしました。
スペースは下にいっぱいあるので、親愛なる読者の皆さま、気が向いた時に私にも話しかけてみて下さいねーっ。 kao03






Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する