3-11 カルカッタ (現 コルカタ) 

× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

カルカッタ の現実


それから私たちは、電車でカルカッタへ向かう。
カルカッタの町はニューデリーやアグラよりも貧富の差が激しいように思えた。

市内はリキシャと呼ばれる人力車や路面電車風バスに乗って移動したんだけど、
お金持ちの家の塀に沿った道路をバスが30分走り続けても、まだその塀の端に行き着かなかった。
同じお金持ちといっても、日本とスケールが違うみたい。

バスの窓から敷地内が見えた。
そこは緑の芝生で覆われていて、痩せた使用人がホースでその途方もなく広い庭に、手仕事で水を撒いていた。
遠くに洒落たテーブルとパラソルがあり、その家の主人らしい太った男性とその家族らしい人たちがお茶を飲んでいるみたいだったけど、そこにもやはり、召使いたちがはべっていた。

そのバスが橋の下を通ると、その両側には腐ったようなボロ敷物が敷かれ、鍋や衣類が置かれている。
そう、貧しい家族が何組もそこで暮らしているんだ。

橋の下なら橋が屋根になるけど、物乞いをしながら路上で暮らす人もたくさんいる。
その人たちの着ているものは、汚れでもう元の色もわからなかった。

昼間はいいけど、夜や暗い裏道では、道路の隅に人が転がっていてもわからない。
顔の色も着ているものの色も、闇に同化してしまっていて。

インドでは子どもの物乞いも多いけど、親が子どもを使って物乞いをさせるケースがほとんどだそうだ。
その方が同情を買えるから。
中でも目についたのが障害を持った子どもたちの物乞いだけれど、そういう子たちの中には、生まれた時に親にわざと骨をねじ曲げられたり折られたりする子もいるんだって。
不具者の方が、物乞いをする時にもっと同情を買えるから。

そう言われて見ると、本当に足が不自然な形に曲がった子が、車輪の付いた板の上に乗って、手を道路について漕いで寄って来た。

インドでは食べて行くためにどんな商売でもありで、子どもの死体を売る親までいるという。(ショック)

物乞いでなく、物を売る子どもたちもいる。
信号などでリキシャやバスがちょっと止まった瞬間にも、新聞だのジャスミンで編んだ首飾りだのインドのお土産などを買ってくれって寄ってくる。
その子たちの表情が、子どもらしく明るいので救われたけど。


カルカッタの観光案内はやめておくね。
観光としてはどこも見ていないし、上に書いたのが私の見たこの町のありのままの姿だから。


カルカッタから先のビルマ(現ミャンマー)では戦争をしていて入れないということだったので、私たちはカルカッタの空港から飛行機に乗って日本へ帰ることにした。
だから今回の旅は、ここで終わり。



× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×


だけど、次回はまたインドに戻って来て3か月滞在するよ。
今回は北部だったけど、次回は南インドね。
今回は貧乏旅行者だったけど、次回は通訳の仕事で。
そこで、現地の人の中で、社会のシステムや習慣の違いからいろんなハプニングが起きる。
あと数話インド編が続くので、インドの私にもう少しつきあってね!


× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

続きを読む>> に、どーでもいいかもしれない追記あり ムフフ





愛の物語が出てきたところで、さてそれでは、 私のお伽話は??


あんまり色恋ざたが出て来ないので、不満に思っている人いませんか。
ありそうでないところがミソなんです。
(そういうふうになることをなるべく避けている。
男女間の問題ってめんどうくさいし、私はどう見ても、いいお嫁さん候補にはなり得ないでしょう? 
これからも旅を続けるつもりだし)

気になっている人のために、ちょっと書いとこっかな。

気にならない人は、素通りどうぞ。

旅の最中は全くと言っていいほど、3人の男性たちは私を無視していました。
”女の子扱いしないでいいからいっしょに連れてって” とお願いした言葉を見事に実行したんだ。

「もう少し気を遣ってくれてもいーんじゃないのぉ~!! さらわれないかとか、トイレは大丈夫だろうかとかぁ~っ!!」 って感じだった。
全く ”甘え” はなし。

最初は「殺伐としてるな」って思ったけど、慣れたら気楽で良かった。
私も ”女を捨てた” とか ”一人の人間になった” というより、幼い子どもにでもなったように、見るもの聞くものすべてに驚いて、その環境しか生きる場所がないとなれば、現地の風習や食べ物も素直に受け入れた。
(まあ、水はできるだけ、もとの井戸まで汲みに行ったり沸かしたり、という努力はしたけど)
裕さんの、歴史や現状に関する解説にも、いちいち感心してうなづきながら。

純さんは最初のうちは、よく睫毛の長い憂いを秘めたような瞳でじっと私を見ていることがあった。
みんなで話している時でも、遠慮なく。
視線は感じたけど、私は気づかないふりをしていたよ。
(私の方からは彼にはほとんど魅力を感じなかったな。頼もしさが足りないっていうか…。
芸術家の繊細さに鈍感だったのかもしれなけど、裕さんの前では、誰でも存在感が薄くなってしまったのかもね。。
帰国後も何度か連絡を取って来たけど、私の心は動かなかった)

ヒゲさんは論外。野生的すぎる。彼も私には全く興味がなかった。

そのうちに家族みたいになってしまったり、その日を無事に過ごす方が先で、”憂い” だの ”ロマンス” とかいう言葉とは完全に縁がない世界に入ってしまった。

そんな、なんだかんだで明日はどうなる命という中で、私は裕さんには絶対の信頼を置いて、まあ、命を預けて、そしてそれが心から彼を慕う気持ちに変わって行ったのは確か。
そしてヘラートで看病してもらってからは、彼は私の専属付添い人みたいになっていて、ずっといっしょにいるのが自然になっていた。拍手 パチパチ

裕さんはね、英語ペラペラなんだけど、ビートルズが好きで、ビートルズの曲の歌詞を全部暗記して、話せるようになったんだって。
それってすごくない? 学校の勉強じゃなくて好きなものから生きた勉強してる。
見知らぬ土地で腕一本で生き抜く力もあるし、弱い者を助ける優しい心も持っている。

(「2-33 チューリッヒのユースホステルへ」 に登場した ”タコさん” が裕さん)



お伽話と現実の狭間で

問題は、帰国後のこと。 

実家は、両親とお兄さんと従業員一人という、田舎の町の零細企業の工場を自営でやっていて、金属部品の加工をしているそう。

裕さんは、
「今までさんざん好きなことをやらせてもらったから、帰国したらおやじと兄貴に恩返しするために、工場で働く。
今、工場の経営が大変らしいから。
住むところも、家賃がもったいないから工場の2階の従業員用の部屋に住む。
それで十分だ」 って言っている。

帰国したら、とたんに現実 か…。

そんな頼りがいがあって優しくて親孝行でもある裕さんもいいとは思うけど、結婚となると微妙…。
私は何にも縛られず、大きな世界でのびのびと自由に生きている、今の裕さんが好きなんだ。

それに私には、またヨーロッパに戻ってフランスの大学でフランス語を勉強する、という目標がある。

(ヨーロッパ編にはまとめて書いちゃったけど、この時点では私はまだフランス留学に行っていない)

英語とフランス語は似ていて、英語の基礎があればぐんと上達できるような気がする。
何よりも今私は、世界中の人と言葉を通して心も通じてしまう、語学の勉強が楽しくて仕方ないんだ。
(世界中の人と仲良くならなくても、身近な大切な人に愛されればいいと思えるようになるのは、ずっとあと)

日本で機械油の臭いのする工場の2階の仮眠室みたいな部屋に住んで、つつましい生活をしながら、裕さんのお嫁さんとして暮らして行ける?

私は誰かのお嫁さんになる相手を探すために旅をして来たわけじゃないし、いいお嫁さんになることがハッピーエンドとは思って来なかったんだ。

どうしようね… 
「このままずっと一緒にいないか」 って言われたけど…。



× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する