3-7 カブール(アフガニスタン) 

<首都カブール>

カブールはアフガニスタンの首都。
ここでも数日過ごす。

カブールは標高ヒンドゥークシュ山脈の合間の、標高1800mの盆地
にある国内最大の都市。
3000年以上の歴史を持ち、古くから”文明の十字路”と呼ばれて来た、
アフガニスタンの経済的・文化的中心地。
ネパールのカトマンズと並んで ”ヒッピーの聖地” とも言われているそう。

私たちも、ヒッピーがよく集まるという中心地の ”チキンストリート” によく
行っては、たむろしたり、これから行くインド方面の情報を集めたりした。







カブールチキンストリート

旅行者が集まるチキンストリート
(中心地の繁華街は爆撃で破壊されたが、その後、新しいショッピング
センターができたらしい)






<悲しみの肖像-バーミヤン>

私の心に鮮明に残り、今も痛みなしでは思い出せない地。
ウイキペディアの説明も交えて、伝えたいことを書いてみるね。



アフガニスタン絵葉書



カブールの北西240キロ、バスで9時間。
ヒンドゥークシュ山脈山中、標高2500mの高地に位置するバーミヤン
は、砂漠のオアシスとして知られた緑豊かな小さな渓谷。

1300年前(632年)、長安からこの地を訪れた三蔵法師は、大唐西遊
記に、「麦はあるが、花や果は少なく、牧畜に適し、羊や馬が多い」って
書いているって。

渓谷の小高い丘、ゴルゴラは、13世紀、ジンギスカンによって復讐の殺
戮が行われた ”嘆きの丘” と呼ばれ、丘全体がそのまま廃墟として残さ
れている。

昼と夜の温度差が30℃あり、一年の半分は冬で、その冬の間は毎日雪
で、青空はめったになく、学校も3か月休みだって。

バーミヤンの石仏については、皆さんご存知だと思う。



バーミヤンの石仏(絵葉書)

バーミヤン 西の大仏 (当時・絵葉書)


三蔵法師も 「黄金に輝く大仏」 と記したように、当時大仏は金色に彩ら
れ、東西の大仏の頭を囲む天井と壁には太陽神スーリヤやギリシャのア
テネ神、菩薩や天女などが、極彩色で、ギリシャ・インド・イラン・中国の
混合的な表現で描かれていた。

大仏横の岩山トンネルから大仏の頭上に行ける天井にも色彩の美しい
壁画が残っていて、それらはインドとペルシャ美術の融合だという。

私たちが行った時には、高さ55mの西の大仏の顔はすでに、偶像崇拝
を禁じるイスラム教徒によって剥ぎ取られていて、絵葉書のような姿だっ
た。

この後、1999年1月、タリバンにより大仏の顔が吹き飛ばされ、胴体と
右足に砲撃を受け、2001年3月には完全に破壊され、現在はわずかに
大仏の右肩の一部を残すだけとなった。

一緒に破壊された高さ38mの東の大仏はね、衣にギシリャ彫刻のような
風にそよぐようになめらかな線の衣紋があったんだよ。
大仏の本体は自然の岩山から掘り出したんだけど、衣紋は綱と泥土を固
めて作られたそうで、綱の固定に差し込んだ杭の跡が残っていた。

仏像も壁画も僧の住居も、大変な手をかけて仏教徒により作られたもの
だったんだ。

2002年春、ユネスコ日本信託基金設立。
修復と保存に日本政府が70万ドルを拠出した。

2003年、世界遺産と同時に、世界危機遺産に登録される。

現在は80年以降の内戦により、周囲には地雷がたくさん埋まっていると
いう。

こうして修復の努力はされてはいるんだけど、破壊されてしまったものは
もう二度と元には戻らないだろうし、素晴らしい遺跡がこんな悲惨な状態
になってしまったことに胸が痛む。

でも、本当に心配しなくてはいけないのは遺跡よりも、今そこに生きてい
る人たちのことだよね。
それについての関連記事を 「追記」に入れておいたので、そちらも読んで
いっしょに考えて。







-以下はウイキペディアより抜粋-


<バーミヤンの石仏破壊について>

大仏破壊の背景として、

遺跡の心配をするばかりで内戦で疲弊したアフガニスタン人を支援することには
目が向かない国際社会に対してターリバーンが苛立ちを強め、偶像否定を強調
してイスラムの名のもとに自己正当化をはかろうとした
ことがある。

しかし、この行為は異文化への理解力のない野蛮行為そのものであり、結果的
には、これまでアフガニスタンの内戦に深く注意をはらってこなかった人々まで
含め、世界のほとんどがターリバーンに批判的な心情を抱かせるのみに終わった。

一方、ターリバーンへの擁護としては、イランの映画監督、モフセン・マフマルバ
フの

アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない。恥辱のあまり崩れ落ちたのだ

がある。 [1]

マフマルバフは、百万の餓死者よりも一つの仏像が世界に注目されたことへの
苛立ちを表明している。






この映画監督の次の言葉は、自省も含め、心に沁みませんか。


[1] 『アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない。恥辱のあまり崩れ落ちたのだ』 より 

私はヘラートの町の外れで二万人もの男女や子供が飢えで死んでいくのを
目の当たりにした。
彼らはもはや歩く気力もなく、皆が地面に倒れて、ただ死を待つだけだった。

この大量死の原因は、アフガニスタンの最近の旱魃である。

同じ日に、国連の難民高等弁務官である日本人女性もこの二万人のもとを訪
れ、世界は彼らの為に手を尽くすと約束した。

三ヵ月後、この女性がアフガニスタンで餓死に直面している人々の数は百万人
だと言うのを私は聞いた。



ついに私は、仏像は、誰が破壊したのでもないという結論に達した。
仏像は、恥辱の為に崩れ落ちたのだ。
アフガニスタンの虐げられた人々に対し世界がここまで無関心であることを恥じ、
自らの偉大さなど何の足しにもならないと知って砕けたのだ。





Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する