スポット訪問記 Vol. 14 北米西海岸線の旅(2) 


あのさ、億万長者って言葉あるじゃない?
どんなイメージ?

日本だといくらお金持ちでも国土自体が狭いから、億万長者の豪邸って言われてもどれほどのものができるのかあんまり想像力が膨らんで行かないけど、
アメリカだったらどう?

たとえば、敷地内に自家用飛行機の滑走路を造ってしまったり、大きなプールはもちろんのこと、たくさんあるゲストルームもそれぞれプール付きだったり、
珍しい動物を集めて庭に動物園まで造っちゃっうとか…
内部はヨーロッパゴチック調で中世のお城のようで、美術品、骨董品で飾られ、野外にも見事な彫刻がいっぱい…とか。

アメリカの億万長者だったらどこまで贅沢なものが建てられるんだろうって、想像は無限に広がらない?



ハースト城

それを実現してしまったのがウィリアムス・ランドルフ・ハーストさん(1863~1951)。
1927年に、”お城” って呼ばれているのにふさわしい豪邸を建ててしまった。
それが、サンタバーバラからサンフランシスコへ向かう途中のサン・シメオンというところにある“ハースト城”。



ハーストキャッスル位置2


ハーストさんはアメリカの新聞王と言われた人で、50以上のメディア機関を所有した大富豪だった。

自家用機専用の滑走路を持ち、新聞を毎日空輸させていたそう。
小高い丘の上までの広大な敷地には猛獣などの動物が放し飼いに。

総部屋数は165、建築には28年の年月がかけられたけど、未完成状態なんだそう。
カサ・グランデ(大きな家)と呼ばれるメインの建物には38の寝室があり、屋敷内には会議室や映画館や室内プール、屋上にはテニスコートもある。
野外プールは古代ローマ風の彫刻で飾られ、豪華客室もプール付き。
世界中から集められた美術品や骨董品で飾られている。

彼はそこに当時のハリウッド映画界、政界、スポーツ界のエリートなどのゲストを招いては頻繁にパーティーを開くなどして贅沢三昧の生活をしていたらしいけど、(私たち一般庶民の想像通り?)
やっぱりお金持ち特有の家族の問題がいろいろあったそうで、本当に幸せだったか
どうかはわからないんだそうだ。

彼の死後は州の所有になり観光名所になっているから、一般庶民も中を見学することができるんだけど、
内部の撮影はできなかったから、残念ながら写真は少ししかないんだけど、観光スライドは買えたからそこから大きく想像をふくらませてみてね。



ハースト城遠景

  ↑ 一便前のバス

はるか遠くの丘の上に見えるのがハースト城。
ここからバスに乗って行く。



ハースト城空から

ハースト城 空撮 (観光用スライド)



ふたたび 
   st3.gif

R1絵葉書

 海岸線風景の絵葉書

たぶん、カーメル ~ モントレー間。
“17マイルドライブ”と呼ばれ、岩や松があったりして、ちょっと日本風な絶景が続く。




海岸マーガレットと

左にいるのは、この旅につきあってくれたマーガレット。


州道1号線


ルート1沿い公園


ルート1沿い公園2

海岸沿いの公園
(たぶん、上の地図の、ハースト城の北にある緑地)




サンフランシスコ

あこがれのサンフランシスコに着いたゾー。
この町との出会いは衝撃的だった。
丘を登って行ったんだけどね、てっぺんに着いたとたん、眩しい視界の中に、丘の反対側の坂道の終わりにあるパステルカラーの青い海が飛び込んで来たんだ。
白いヨットが浮かぶ…

それまでは反対側の坂道の道路を見ながらドライブしていたわけだから、突然ぱぁ~っと海のある一幅の風景画が開いた感じ。
その坂道は住宅街らしく、なだらかに下る坂道には花がいっぱい植えられていて、ほんとに絵のようだった。



シスコ絵葉書

サンフランシスコ夜景 絵葉書  
坂の向こうに海がある


トラム 

名物のトラム(ケーブルカー)に乗る



サンフランシスコ湾 ゴールデンGB

サンフランシスコ湾とゴールデンゲートブリッジ


アルカトラズ

サンフランシスコ湾にあるアルカトラズ元刑務所。
アルカポネもここに入っていたんだよね?
波が荒いため、脱走は困難。

その脱走を企てた物語が映画になっていることもあり、“ 独房体験ツアー” とかに人気があるらしい。




地図2




トリニダード

ユリカから30km北にある町。
(左の島のようなトリニダードヘッドを含む右の陸地部分)
カリフォルニア州が認定されて最初に登録された町、つまりカリフォルニア州で一番古い町、そして一番小さな町。
(2000年の調査で人口311人)



トリニダード島


トリニダードヘッドには、もともとネイティブアメリカン(インディアン)12家族が住み、その中で衣食住すべてまかないむつまじく平和に暮らしていたんだって。

この地は最初はポルトガル人航海士に発見され、その後スペイン人冒険家が上陸して、「ここはスペイン国王のもの」と領有権を宣言した。
キャプテン・バンクーバー(イギリス海軍士官で艦長。探検家として知られている。
カナダの西海岸に複数存在するバンクーバーを含む地名の名祖でもある)は、この地を訪れた時、
「現地人(インディアン)たちはフレンドリーで礼儀正しかった」と書き残している。
その後は近くで金鉱が発見され、金目当ての人々で賑わったり捕鯨の拠点になったりしたそうだけど、

その歴史の中に“ここでインディアンの大虐殺が行われた”って事実がある。

でも2009年現在、この町の歴史をインターネットで調べてもそのことについては全くといっていいほど出て来ない。
この絵葉書の裏にだってそう書いてあるんだから、間違いないよ。
“ そういうことがあった歴史的に意味のある地 ” って。


トリニダード絵葉書裏
 an Indian massacre = インディアン大虐殺



なぜそのことが公の情報の中に出て来ないのか、わからない。

もしかして、”大虐殺”の定義が変わってしまったからなのかなぁ。
つまり、他で頻繁に起こった大規模な”大虐殺”に比べたら、ここでの出来事は小規模過ぎてその表現には合わなくなってしまったのかも。
でも数字の大きさなんて関係ないよね、悲しい、あってはならない出来事であったことは確かなんだから。

だからもしそのことが、現在はそんなふうに観光の蔭に隠れてしまっているのだとしたら、広島のように、そのこともちゃんと伝えてほしいと思う。
そして、訪れた人やこの土地について知りたいと調べた人たちが合掌し,改めて「二度と同じことは繰り返さない」と平和を願い、誓いたくなる、そういう気持ちになる、そのことを大切にしてほしい。
そうじゃなきゃ、平和に暮らしていたのに、侵略者たちの利権のために無残に抹消させられた人たちが浮かばれないよ。




マーガレットと

トリニダード ヘッド をバックに



レッドウッド国立公園

レッドウッド国立公園パンフより2


レッドウッド国立公園パンフより

上の2枚はレッドウッド国立公園パンフより


↓ ヤフートラベル 「世界遺産ガイド」 より

レッドウッド国立州立公園は、カリフォルニア州の北部から海岸線に沿って南北約80kmにわたり広がる面積425平方kmの森林地帯を中心とする国立州立公園。

レッドウッドと呼ばれる樹皮が赤みを帯びた木(セコイアの一種で正式にはイチイモドキという)は、世界最古の樹木とされている。

樹齢600年、周囲13.4mの世界一のレッドウッドの大木は、「ビッグ・ツリー」とよばれ、高さ112.1mあり、自立する樹木としては世界一の高さ。
夏の濃霧と冬の多雨による湿潤な気候がレッドウッドの成育に適しており、かつてはカリフォルニア州北部太平洋岸の広大な地域に分布していたが、無計画に伐採されてしまったために、その大半は失われた。
その保護目的で登録(1980年)された。




国立公園近く

レッドウッド国立公園近く。


ここには樹齢2000年の木もあって、樹皮だけで厚さが30cmあるそう。
それに、高さ112mの木っていえば、30階のビルの高さだよ!!
人間の 小ささ が実感できる。 




マーガレットの家で

天ぷら


レッドウッド国立公園の近くにあるマーガレットの実家に寄り、ここでもがんばって天ぷらを揚げました。

(しょーがないでしょっ。ワンパターンて言われても、他のややこしい和食を作るにも、材料がないんだも~ん!! うーん
それに、天ぷらならほぼ間違いなく「おいしい」って食べてくれるし




ヘザーとへびのジャン君

おっと、びっくりさせちゃったらごめんよ。
マーガレットの友だちのヘザーと、へびのジャン君です。
 えぇ


ジャンはね、赤ちゃんへびの時からこの家で人間と一緒に家族のように暮らしているから、自分がへびだって知らないだろうって。
自分も人間、少なくとも家族の一員だ、と思っているだろうとのこと。

私も襟巻きにして遊んだり、首を持ってま正面から見つめ合ってコミニュケーションをはかってみたけど、
全然ぬるぬるとかしてないし、なついて甘えた表情したりして可愛かった。 
 
でもこんな美女とならまだしも、私のその時の写真は何度見返してもやっぱりキモイので、皆さまのお目にかけることなく引っ込めておきまーす。 

(と言いつつ、こんな珍しい写真は私の人生でも前代未聞なので、一応、保存しておくことし、追記の最後にこっそり入れといたので、どーしても怖いもの見たさが止められない人は、どうぞ)
(「ひぇ~っ!」 とか言いっこなしよー)




西海岸の旅はいかがでしたか。

だいぶ昔のことなのでどれがどこだったかはっきり思い出せなくて、たくさんは紹介できなかったけど、
ぜひ皆さんもこのルートを辿る旅に挑戦して、もっといい “ あなた版 ”を作ってみて下さい。





☆☆  予告  ☆☆ 


西部といえば、ラスベガスと、ガンマンが出て来そうな西部劇の町
行ってみなくっちゃ!

あ、それからスーパーマンの映画に出て来たあの巨大なダム
スーパーマンが恋人を生き返らすために、地球のまわりをぐるぐる反
対方向に回って時間を戻しちゃった、あのダムだよ。
砂漠の中にあって、北海道から東京までくらいの距離にまで電力を供
給してるらしい。

続き編ではそれらに行って見るけど…

その前に、私の人生に大きな影響を与え、そして今も与え続けている
亮介兄さんのその後について、
沖縄の西表島のきれいな海を背景に、一回、特集して入れさせてよね!

兄さんは俗世間離れしていて掴みどころがなくて、私の捉え方は的確
とは言えなくて、兄さんには”違う”って怒られてしまうかもしれないけれ
ど、素晴らしい内面世界と現実の生き方がブレずに並行して進行して
いる。
私なりに掴んだ彼の世界を私の言葉で伝えてみるから、受け止めて。

”こんな生き方もあるんだ…”って、そんな生き方だヨ。 (????)






後世に残る天然色カラー天然記念写真
ジャンと小鳥たちと
(ちなみに肩にかかっているのは私の髪にあらず…)><; 汗汗




Comments

壮大ですね

誰もが夢見るが実現は限りなく不可能に近いこんな旅をいとも簡単に自然体でやってしまう美弥さん、あなたは本当に不思議な方だ。
北米西海岸沿いのドライブ…疑似体験させてくれてありがとう。
そして、「これなら俺にもできるかも」というかすかな期待も持たせられる、そんな内容でした。

“英語日本語ニュース”のejnewsです。リンクして頂いてありがとうございます。此方からも貴方のブログリンクさせて頂きました。
 貴方のブログは過去と現在と未来が一つの時間に並存している様な不思議な雰囲気の在るブログですね。
 これからも宜しく御願いします。

v-218世界35カ国走破、面白く拝見させて頂いています。
美弥さんのように世界で見聞広めた貴女でしたら、これからの日本の進む道の羅針盤にどうですか!
今後も色々な事にチャレンジされる事と思いますが、今後もお邪魔して拝見させて頂きますね!
  • [2009/05/11 13:08]
  • URL |
  • ハッピー つかだ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ハッピー つかださんへ

「美弥さんのように世界で見聞広めた貴女でしたら、これからの日本の進む道の羅針盤にどうですか!」 ですか… 
失望されてしまうかもしれませんが、「身の回りの小さなことに感動したり感謝したりしながら静かに暮らしていることが幸せ」 というのが、今の私なんですよ。
もう少し色々な事にチャレンジする気持ちを持ってもいいかもしれませんね。
つかださんこそ大型バイクでいろんなところへ出かけられてすごいです。
少しエネルギーを分けていただこうかな。

RE: 壮大ですね

遊さん、お返事遅くなってすみません。こんなにいいコメントをいただいておきながらお返事していなかったなんて…。
今はこの頃と違っていろんなことが簡単にできるし。計画立てて実行してみれば?
人に聞いた話とはまた違うことを、自分の目と耳でいっぱい掴んで。

ejnews さんへ

感想ありがとうございます。
英語日本語ニュースもがんばって下さいね!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する