スポット訪問記 Vol. 12 これはどこの島でしょう? 

皆さん、こんにちは。
いつも読んでくれてありがとう。

最近、「第3章 中近東諸国 インド」 を書き始めて、物語の中では私、
今、アフガニスタンの山岳地帯を旅しているでしょう?
その頃の平和だったアフガニスタンと現在のアフガニスタンを想うと、
胸が痛んでしまって…。
日常生活にも影響しちゃってるんよ。
暗~く悲しくなってしまう。
きっと皆さんも同じでしょう。

それで今回は、そちらの続きは休んで、スポット観光編をひとつ入れ
て、美しい島を紹介することにしました。

どこの国のどこの島か、すぐにわかる人もいると思うけど、知らない人
は、どこだろうって想像してみて。
そういうのも楽しいと思うんだ。

最後に種明かしがしてあるからね!




細長い島の南端にある、19世紀の
イギリスをそっくり再現したような美しい町




エンプレスホテル2

その町の、美しく格式高い エンプレスホテル。 
(エンプレスって、エンペラーの女性形、つまり ”女帝”)


ドレスコードがあるので、ジーパンやサンダル履きでは
入れてもらえません。
ここで一応レディーの仲間入りをして、”ハイ ティー” と
呼ばれるアフタヌーン ティーをいただきました。



パンフより

そのホテルの前を、二階建てバスが通っています。 
(でも、ここはイギリスじゃないんだよー。
下に ”リトル イングランド” って書いてある)



カフェより二階建てバス

(上の2枚は、その時持っていた観光パンフレットの切り抜き)



Vi絵葉書3

ここは島なので、港もある (絵葉書)


そこでは夏休みに子どもたちが楽器の演奏をしてお小遣いを稼いでいた。
(楽器のケースに聴衆がお金を投げ入れる)

いいよね、おおらかで。 日本ではできる?



子供たちの演奏

ロック系


お小遣い稼ぎ

ジャズ系


Vi7.jpg

クラッシック系 (バイオリン)



島の民家

町の建物も、ビクトリア時代調



ところでこれ、何の建物だと思う?


V7.jpg
(絵葉書)


夜になると、3000個の電球でライトアップされる。

V1イリュミ

お伽の国の舞踏会が開かれるお城じゃないよ。 美術館でもないよ。
(観光パンフ切り抜き)



Vi9_20090310165841.jpg

それがね、議事堂なんだよ!! (絵葉書)



Vi10.jpg

島だから灯台もあって…  (絵葉書)


Vi8.jpg

沖にホエール ウオッチング クルーズ にも行ける。
これは、”オルカ” と呼ばれるシャチ。 (絵葉書)

5月~10月にかけて、この町の沖に100頭近く現れるそう。

 


この町の郊外にある、びっくりしちゃう庭園紹介


BG絵葉書
(絵葉書)


ファンタスティックな庭でしょう?

ここは広大な庭園の一部、サンカン ガーデン(沈没した庭って意味)。
ところで、この庭園全体の敷地面積は、130エカー=20ヘクタール=22万
平方メートル= 約 67,000坪

数字ではよくわからないんだけど、ハンパな広さじゃないよね。
その広さの庭園いっぱいに、四季折々の花が咲き乱れているんだよ。
何でも、2週間おきに花を植え替えるということだった。

どんなところなのか、そうしてこんなに広い敷地が全部花園になっているのか、
聞きたくない?

それはまず、この庭園の花々の写真を数枚楽しんでから、最後に謎解きしてね。



BG41.jpg

上の大きな写真は絵葉書で、これは私が実際に撮った写真



BG56.jpg


BG28.jpg


BG32.jpg


BG29.jpg



BG57.jpg   BG67_20090310151053.jpg

    (左右は違う種類の花)


BG21.jpg


BG37f.jpg



BG郵便箱?     BG何してるの






左の箱、何だかよくわかんないの。 側面には ”地球” と ”郵便” って文字
があるけど、ポストに見える? 上に何か置いてあるし、ふたは開くし…。
ゴミ箱は、別のデザインの木箱であるんだヨ (右の写真)。

あ、そういう名前の新聞の販売機かもね!
The Blobe には地球という意味の他に ”世界” という意味もあるし、
Mail には、”郵便” の他に ”新聞” て意味もあるから。


右は何をしているところだと思う?
カメラのフィルムを交換する場所だって。時代もん。




BG59.jpg

こんな噴水もあって…

BG50.jpg

変化をつけて踊っている



BG55.jpg


BG26.jpg  BG35.jpg  

  おみやげ屋さんもお茶飲み場所も、
  花でいっぱい。
  (え? 私も花に見えるって??)





BG27.jpg




 そしてなんと 


BG日本庭園入口

ここには日本庭園まであるんだ。
華麗な庭園なのに、ちゃんと本格的なわび・さびが出ている。



BG日本庭園絵葉書

これはほんの一場面で、絵葉書。(右の塔が何だかよくわからないけど…)


他にも世界の国の名前のついた庭もあり、バラ園もありで、とても写真には
収め切れないので、皆さんもぜひ実際に行って楽しんで。


↓ どこの島か、答は、”続きを読む” (追記)に。




答は、 バンクーバー島  


カナダイラスト地図

(一番左の下の方にある島よー。 クリックすると少し大きくなる。
この地図は、その時、持って行った旅行パンフの切り抜き)




カナダの西海岸、ブリティッシュ コロンビア州、バンクーバーの西にある
バンクーバー島は、島といっても九州と同じくらいの面積があるんだ。
さすが、スケールが大きいカナダのことだね。


その最南端に位置するのが、
 ビクトリア


ビクトリアはカナダ西部のブリティッシュコロンビア州 (一番左の黄緑色の
部分。下の左端にバンクーバーがある) の州都で、19世紀のイギリスを
そっくり再現したような町。
今のイギリスよりもイギリスらしい街」 って言われているんだって。

1843年にイギリスからの開拓者によって築かれた町なんだけど、時の女王
の名を取って 「ビクトリア」 と名付けられたそう。 



Vi9.jpg

州議事堂 (絵葉書)


Vi11絵葉書


バンクーバーからフェリーの乗り場までは車で約 40分。
フェリーの乗船時間は1時間ちょっとくらいで、島の南端にあるこの町の港
に着く。




庭園の名前は、 ブッチャート ガーデン


1888年、乾物商だったブッチャート氏は、故郷(どこだか忘れた)の近く
でセメント製造事業を始めた。
世紀の終わり目に成功した北アメリカ産業のパイオニアだ。

彼は石灰が豊富な西海岸に目をつけ、工場を設立。1904年には、
家族で移住。

でもね、石灰を掘り尽くした無残な跡地を見て心を痛めた奥さんが、自然
へのお返しに、その土地にきれいな花をいっぱい植えることを思いついた。
そして、石灰採掘跡の穴に何トンという土を入れたんだけど、最初は馬と
カートで運んだんだったって。
サンカン ガーデン (沈床ガーデン) という名はそこから来ているんだね。
今でも窪地になっているよ。

“近所の人たちを呼んで、そこで花を見ながら一緒にお茶を楽しむ” という
発想から始めたので、今でもそういうお茶を飲みながらリラックスして庭を
鑑賞して楽しむお茶屋があるし。

その庭が、奥さんの監督のもとでどんどん大きくなって行った。
一家は世界中を旅したので世界のいろんな庭園も作って、だから日本庭
園もあるわけ。

現在は年間100万人以上の訪問者があり、百周年にあたる2004年に
は、正式にカナダ国家史跡に指定されたそう。

ほんとに、絵本やイラストのモデルになりそうな花園じゃない? 

長野県の小布施町に、「小布施フラワーガーデン」 というのがあるけど、
そこはこのブッチャートガーデンをモデルにしているって聞いた。

行ってみたら、メインのガーデンがサンカンガーデンにそっくりで、そこだ
け取り出してミニチュアにしたみたいだったよ。

カナダまで行けない場合は、こちらへいかが?





Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://annuyle.jp/tb.php/103-3224bf62