通訳よもやま話(4) スペシャルオリンピックス (前編) 


皆さんは、スペシャルオリンピックスをご存知ですか。

知的障害を持つ方たちの祭典、スペシャルオリンピックス冬季世界大会
2005年2月に長野市のエムウエーブで開催されました。
オリンピックやパラリンピックほどは知られていないかもしれないけど、
全世界84の国と地域から約2500人のアスリートと約650人のコーチが参加、選手団総勢約3150人という数字から見ても、オリンピック・パラリンピックに並ぶ国際的イベントだったんじゃないかな。

たくさんのボランティアに支えられ、準備段階から全体を通してとても心温まり、勇気をもらえた大会だったよ。

開会式の様子はね、NHK教育テレビと世界中のテレビ局のカメラを通じて全世界に放送されたんだけど、
今回は、その開会式で、私も通訳ボランティアで英語アナウンスを担当させていただいた時のお話です。

えーっ!!
こんなちょっとボケててあわてんぼの私で、すべて完璧にスムーズに運んだのかって? … なはずないよね!
(オイオイ…こんなところで開き直ってどーすんの!
全世界に放送されるんでしょう…?  
いつものことで… ちょっぴりハラハラしながら聞いて下さいな)


この時のアナウンスは、お知らせやそこで行われた出し物の紹介、スピーチをする方々のお名前の紹介、選手団入場での参加84か国の国名の読み上げなどだったけど、
いろんな国際イベントで時々させていただく英語アナウンスの役は、いつもとっても楽しいです。
ライブで秒ごとの勝負なのに直前に台本の内容が変更になって、あわてることも多いけど。

この開会式の場内アナウンスをして一番緊張したのが、
「ここで皇太子陛下のお言葉を賜ります」と、
「これより小泉純一郎内閣総理大臣が、開会宣言を行います」
の英語アナウンス。
場内がシーンとして、私のアナウンスが終わったところで、おふたりともお言葉を始められました。
 


  皇太子様SO開会式スピーチ     小泉首相SO開会式

その時の皇太子様と小泉元首相 (宮内庁HPと首相官邸HPより)


その日はね、どの局の全国ニュースでも最初のギリシャと、途中の日本選手団の入場場面が数秒だけど放映されて、私の声もニュースの中で聞こえてました。
開会式の番組を観なかった人も、そのニュースは観ませんでした?
(だとしたら、あれが〝ふつうの女の子"の美弥ちゃんの声だったんですよー)

選手団入場のリハーサルはなかったけど、司会の西田ひかるさんとケイン小杉さんを交えたスタッフでテーブルを囲んで打ち合わせはしましたよ。

その時の西田ひかるさんはすっぴんだったけど、それがいい感じでした。
私たちといっしょの時は "よそいき"でなく、"身内"という感じで。
ケイン小杉さんはイメージ通り、いつもきりっとしていて、ほとんど笑いませんでした。
本番前に隣合わせで座って待機していた時、私は大決心して「がんばろねっ!」
なんて声をかけちゃった。
彼はあのまなざしで私をじっと見てから、小さくうなづいた。
(え? あまりの気安さにあきれたんだろうって? そーだね、きっと

それから選手団入場台本の読み合わせをしている時、私は西田ひかるさんに、
「国の名前の発音がわからないものがあるので教えてほしいのですが」
ってお願いしました。
ところがひとつひとつ聞いて行くと西田さんにもよくわからないものがあって、「統一しなくちゃね」って気にしてたけど、結局時間が足りなくてそのままになってしまいました。
(さて、本番で西田さんはそれをどうやって解決したのでしょうか。乞うご期待)


英語を母国語としている人にとっても、読み方が定かでないものがあるんだね。
たとえば、英語では、「ギリシャ」は「グリース」でしょ。
それはあまりに知られているからいいとしても、日本語のカタカナ名からは想像できないものもある。
だから、あまり聞いたことのない国の名前だと辞書に載っていなかったり、調べて見つけても、実際に音で聞かないと発音記号とアクセントの位置だけじゃよくわからなかったりする。
(まだそれほどインターネットが身近じゃなかった頃だし)

でもフルタイムで働いていた時期に台本(日本語)をいただいたのがギリギリだったため、大使館や領事館にひとつひとつ問い合わせて聞く時間もなく、調べられた範囲内で「まあ、たぶんこうだろう」という発音とアクセントにしておきました。
参加国の皆さん、違っているものがあったらとしたらごめんなさいねー。


★***★***★***★***★***★***★***★***★

次回はいよいよ、本番の様子です。
 

10. 通訳よもやま話(5) スペシャルオリンピックス (後編) 


 続きを読む>> その折の皇太子様のお言葉

★***★***★***★***★***★***★***★***★


続きを読む