3-5 ヘラート(アフガニスタン) 


私はその時は思ったよ。
「日本の報道が操作されているなんてそんなことありっこない。
戦時中じゃあるまいし、私たちはどこからでもニュースが手に入るんだか
ら」って。
(今は「彼の言ったことは正しかったのかも」って思う)

裕さんは、その通りだって言った。
「だって、NHKなんて国営放送なんだぜ。
政府に都合の悪いこと言いっこないだろ」


奥さん何人も持てることに関してもね、
私が「かわいそうだ」って言ったら、アフガン青年は、

「イスラムの国では、奥さんが複数でも、女たちはいがみ合うよりは姉妹
のように仲良くしようとする。
国が貧しいから、一人の男性が一人でも多くの女性の面倒を見ようという意
図もある。
それに比べれば、欧米や日本の女性の方がかわいそうだ」

って言うんだよ。

なぜかというと、たとえば奥さんを一人しか持てないとすると、第二代三婦人
はお妾さんということになる。
それらの女性は法律上も保護されず、もし男が死ねば路頭に迷う。

「俺たちの国では、奥さん全員が平等に扱われる」 だって。

そっか、そういう見方もあるのか。
現に大統領も首相も政治家も会社のお偉方も、女遊びしてるよね、先進国
では。
セクハラ問題も絶えない。


ところで、隣同士なのにイランとアフガニスタンの大きな違いに目がテンにな
ることが多々ある。
ひとつはね、アフガニスタンでは大麻(ハッシシ)が政府公認で売られてい
ということ。
日本のたばこのように、専売公社が売っているんだ。
(世界の麻薬の87%が、アフガニスタンで栽培されているらしい)
だからアフガニスタンの男性たちは、ハッシシを日本人がたばこを吸う感覚
で気軽に吸っている。
(旅行者もいいんだ? 日本人も?! 吸ったかどうかは次号でね)

それに比べ、イランでは密輸者は警察に捕まると、すぐに裁判が行われ、
ほとんどの場合が死刑だって!!

祐さんが言うには、アフガニスタンは貧しくて教育も普及しておらず、文盲率
90%以上。
多くの貧しい若者は結婚どころか男女交際もできず、お酒も禁止されている
し、だからって国から出ることもできないので、
軽い麻薬でもたばこ代わりに吸わないと人々には何の楽しみもなくて、生き
る気力をなくして暴動が起こるかもしれないから、政府が許可している
んだろうって。
(麻薬を吸ってぼぉ~っとさせ、思考力を鈍らせる? それが政策?)

アフガニスタンでは王様が1973年に追放されたんだけど、その元国王は、
革命を予感して財産はスイス銀行に預けておいたため、国の財産は持ち逃
げされてしまったそう。
(えーっ、ますますメチャクチャじゃない?!)

(何と1976年、私たちが訪れた年に、アフガニスタンの王政は廃止され、
「アフガニスタン王国」から「アフガニスタン共和国」になったんだよ!)

ヘラートでも貧しい人々が必死で毎日をしのいでいる。
子どもの物売りも多いし、いい若者たちが道端にがらくたを並べて売って
いた。
二束三文に値切るのに、ただ同然まで下げて、それでも一品売ればその日
の食いぶちはどうにかなるっていうありさま。
日本円に換算して10円20円の、石ころと真鋳をくっつけて作った指輪ひと
つ売るために、一日中、観光客を呼びつつ道端に座っているんだ。

そういう若者たちの中には、
奥さんを買うイスラムの国では、俺たちは一生結婚できないよ」って肩を
すぼめて小さな声で言った者もいた。

お巡りさんの年収でさえ2万5000円 という時代に、外国に出稼ぎに行くに
もパスポートを取るのに1800円かかるそうだから、
隣のイランへ命がけで山を越えて密出国する人が絶えないという。
妻子を置いて行き、二度と帰って来ない人も多いとか。
「一日石油出港で働けば3500円になる。一年働けば大金持ちだよ。
待っていてくれよな」 と言い残して…。 


ところで、ヘラート郊外の一泊1ドル宿でやっとベッドの上に体を放り投げて
倒れこんだ時は、至福の極みだったよ!!
体をのびのび伸ばして寝れることが、こんなに贅沢な喜びだったなんて!
「はぁ~っ…」

ベッドはシーツなしで、丸太の枠に張った手編みの縄の上にマットがあるだ
けの作りで、部屋の電気も薄暗い裸電球だったけど、私は一転、魔法で
海老から幸運なお姫様になったような気分だったよ。。

男性宿泊者たちは、多少の涼を求めて外の木陰で寝ていたけどね、コブラ
やさそりが出るって噂にめげもせず。


ところが私はベッドの上でも夜になってもなかなか眠れなかった。
暑さのため?
うん、それもあるけど、目に見えない敵のためだよ。
(なになに、悪い虫が部屋に忍び込んで来るんじゃないかって?
残念でした)

虫は虫でも本物の虫。
その部屋にはノミやシラミや南京虫が住んでいるらしく、色白もっちり肌とは
行かないまでも、せっかくのお姫様は夜な夜な吸血虫の餌食になったんだ
ー!!

昼間は全く姿を現さないのに、夜、私が眠りに落ちた頃、どこからか出て来
て活動を開始するんだ。
(たぶん、ベッドの縄の隙間だと睨んでいる)

見上げれば天井に巨大なヤモリが貼り付いていることもしょっちゅうだった
けど、もう慣れた。
(最初は叫んだけど、何も害を及ぼさないってわかれば可愛いくらいだ。
「夜中に寝ぼけて落っこちて来て私の顔とかに貼り付かないで」って祈るば
かり)

そしてベッドに横になって殺風景な壁を眺めながら毎日脳裏に浮かぶの
は、日本の食べものの映像だった。
お寿司、天ぷら、お刺身になすの漬物に白い炊き立てご飯…
(魔法のランプ、どっかにないかなー…)


一日の生活費300円くらいでお金もかからないので、先を急ぐこともなく、毎
日たくさん歩いてたくさん昼寝してヘラートに何日か逗留していた、そんなあ
る夜中のこと、

私は屋内で寝ているにも関わらず、まるで真夏の海岸で日向ぼっこをしてい
るような感覚に襲われたんだ。
体中がぽかぽかあったかくて、頭がぼぉ~っとして、まるで舟に揺られてい
るように体のコントロールがきかなくなって、フラフラだよー。

「あれ?何、これ… ヤバいかも…。意識が遠のいて来たゾ。息も苦しくて、
うまく吸い込めない…。 私、このまま死んじゃうのかなー…」

誰かに知らせようにも男性たちは外で寝ているし、叫ぼうとしても大きな声
が出ない。 

それで私はゴムみたいな体をひきずってベッドからころげ落ちて、あたりの物
を窓の外に放り投げてみた。
誰かが気づいてくれるように。

でも、離れた中庭の方にいるから誰も気づいてくれないよー …
 がーん


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         アフガニスタン切手ヘラートからの絵葉書文面部分

アフガニスタンから実際に出した絵葉書文面の一部
1976年7月27日の消印



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

金額はすべて、当時/日本円換算

追記にその後のアフガニスタン関連記事あり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きを読む>> に追記あり



続きを読む

3-6 ヘラート ~ カブール(アフガニスタン) 


やっと気づいてくれた!

野次馬と、日本人仲間たちが駆けつける。
ぼんやりした視界の中に、私を囲んで心配そうに覗き込む人々の顔が見える。

その中でも一番近くにあったのが、裕さんの顔。
私のおでこに手を当てたり、脈を確かめたりする。
「すごい熱だ」
ぜーんぜん、取り乱していないみたいよ…。
(実は必死に冷静を装っていた)

お腹がメチャクチャ痛くて、体を折り曲げる。
そして裕さんに支えられてトイレに…
下痢なんだけど、最後は粘液性のドローッとした水。

ベッドに戻ると、宿の主人のお父さんで、ヨレヨレの服にヨレヨレのターバン
を巻いたおじいちゃんが涙を溜めて、両手を胸の前で合わせては、
片方の手で天を指して、何かブツブツ言っている。
「私は神に祈るよ、あなたを助けて」 って、ジェスチャーで伝えようとしてい
るみたい。

純さんが水で濡らしたタオルのようなものを持って来ておでこに乗せてくれ
たけど、すぐに生温くなった。
誰かが 「マラリヤじゃないか」 って言っているそう。

近くに病院はないので、裕さんが、道案内役の宿の息子さんと一緒に隣の
町(村)までお医者さんを呼びに行ってくれることになった。
夜道を何キロも走って。
お医者さんは人力車に乗って来たけど、裕さんと宿の息子さんは帰り道も
走って来たって。

診断は、”水に当ったのだろう” とのこと。
私はすぐに人力車に乗って裕さんに付き添われてそのお医者さんの病院
に運ばれて、一日入院したんだよ。

その病院は、何だか祈祷師の館みたいな気がしてしまった。
そこで薬草のような薬をもらって安静にしていたら、だいぶ楽になった。

裕さんは私のベッドの脇で寝て、トイレにも連れて行ってくれたよ。


退院して戻った時、宿のみんなが喜んでくれたその顔やしぐさが忘れられ
ない。

まだ微熱があって、私は中庭の木陰にベッドごと移されて体を休めていた
んだけどね。
裕さんが遠くの水汲み場まで桶で水を汲みに行って、その水を私のベッド
のまわりに撒いてくれたり(水打ちだね、少しでも涼しくなるように)、額の濡
れタオルを交換してくれたりしたんよ。

わかる?
子どもの時、病気になって嬉しかったことない?
私、裕さんにこんなふうにされて、幸せだったかも。

だから、その時ベッドの上から眺めた中庭の風景が私にとっては忘れられ
ない風景なんよ。

カラカラに乾いた土に強い日差しが照りつけて、日向と日陰のコントラストが
まぶしくて、瞼が痛くなるほどなんだけど、
日陰にいる私には、そこがとてつもなく居心地のいい場所だった。

飲み水は、裕さんが私のために長い時間沸騰させてくれた。

後で聞いたんだけど、裕さんは私の前ではさらりとしていたけど、仲間内で
はそれはそれは私のことを心配してくれていたって。

私たち、口に出しては言わなかったけど、いい雰囲気になっている。
お互いへの想いが寄り添って来たっていうか…。

裕さんを筆頭に、ヒゲさんも純さんもね、いつも私を特別扱いせず、そっけな
かったけど、今回は、頭を寄せ合って相談し、
「3人でお金を出し合って、飛行機で美弥ちゃんを日本へ帰そう」
って意見がまとまっていたんだって。

おかげで私は、一週間後にはすっかり回復した。

「女の子だからって特別扱いはしないでいい」って言っていたのに、結局やっ
ぱり体力面で、みんなによけいな迷惑をかけることになっちゃった。
でも、「これからも足手まといになっちゃうかもしれないけど、気をつけるから
よろしく頼むよー」 って旅の続行を願う。
もうすっかり家族みたいになっていたから、「仕方ないなあ」って、仲間でい
ることを承諾してもらう。



アフガニスタン・バスの旅

 東方観光局地図
アフガニスタン地図5

北東部から中央部にかけては、標高約7500mの山岳地帯
(バーミヤンは2500m、カブールは盆地で1800m)



<タリバンの町>
       
そんなこんなで長逗留したヘラートを後にして、インド方面に向かってヘラ
ートを発ったよ。
ここで出会った皆さん、本当にいろいろありがとう。
(平和だったヘラートの町やそこに暮らす人々の情景は、今はすっかり様変
わりしてしまったかもしれないこともあり、二度と帰らぬ歴史の一ページとし
て生涯私の中に生き続ける)

ヘラートから、アフガニスタンの首都、カブールまでは直線で横切れば近道
なんだけど、真ん中の砂漠山岳地帯は危険だと聞いたので、
私たちは遠回りでも大きな町へバスを乗り継ぎながら南回りでパキスタンへ
抜けるルートを取った。
現に、案内人を雇いジープをレンタルして中央部を横切ろうとした旅行者が、
10キロくらい行った地点で強盗に身包み剥がれ、命からがら戻って来たと
いう話を聞いた。


(その時通った南部の町、カンダハルは、タリバン発祥の町。
最初は数人の小さなグループだったって)


何度も書くけど、外は一面40℃~50℃の超乾燥砂漠。
あまりの暑さに風景は歪んでゆらゆら揺れ、時々砂蛇が砂の表面に波型で
蛇行模様を作ったりしている。



<砂漠のトイレ>

トイレの時は、乗客の要望でバスは砂漠の道で止まってくれる。

トイレの施設なんて全然ないけど、これだけ乾燥しているのでおしっこもウン
チもすぐにカラカラに乾いてしまい、うじ虫やハエが湧く心配は全くないのだ
という。
それから、砂漠には、”ふんころがし”って、ウンコが大好物の虫がいて、
ウンコ(ウンチは少し湿り気がある感じで、ウンコは乾いたイメージ?)を見
つけると、ころころ転がして行って砂の中に埋めて食べるんだって!
だから、ふんころがしさんたちが、砂漠の浄化をしてくれているんだ。

ところで、知ってた?
中近東やインドの男性って、おしっこもしゃがんでするんだよ。
だから、ホテルやレストランの洋式トイレにも、便器の上に乗っかってしゃが
んでやった跡がある。
つまり、便座の上に履物の跡が残っているんだ。

あ、大事なこと書くの忘れるところだった。
中近東やインドでは、紙は使わないよ。
ホースや水入れがあって、洗うんだ。(ずっと清潔だし、気持ちいい)
砂漠ではどうするのかって?
水がないので仕方なく、私は紙や布キレで間に合わせた。(?!?)



+ + + + + - - - - - + + + + + - - - - - + + + + + - - - - - + + + + + - - - - -


アフガニスタン女性

チャドル着用の現地女性たち
右のトラックには、TOYOTA の文字が…



+ + + + + - - - - - + + + + + - - - - - + + + + + - - - - - + + + + + - - - - -


<バスと停留所>

都会から離れるほど、ターバンを巻いている男性の割合が増える。
種族や宗派によって、ターバンは巻き方が違うらしい。

女性の乗客はあまりいなかったし、いてもチャドル着用&男性の家族と
いっしょで、ひとりで移動している人はいなかった。

バスはオンボロで外側はところどころ塗装が剥げ、錆がいっぱい。
中は、カーテンは汚れ+鼻をかんだあとがいっぱいあり、座席の横のビニ
ールシートも痰だらけだった。
(きっとこちらの人は、ティッシュとかハンカチを持ち歩かないんだね)

そのせいか、座席の隅には必ず痰壷代わりの空き缶が置いてあった。
(「カーテンに吐き出さないでこちらへ」って意味だと思う)

これだけの暑さなのに、まだ冷蔵庫はここらあたりではほとんど普及してな
いんだよ。
停留所で売っている、中身の量がまちまちのコーラだって、水か氷で冷やし
てるだけ。
そのお店も、床は土で布で3方を覆っただけのスペースで、雑貨に混じって
メロンやスイカを並べていることもあった。

都会でもそうだったけど、人気のアイスクリーム機は手動式。
まあるい洗面器のような容器に氷を入れて、何かの乳とたぶん卵の入った
生地入りのボールをその中に置いて、まわりを棒でぐるぐる、ぐるぐるかき
混ぜる。
年取ったおじさんが、そばにひっついている孫とおしゃべりしながらね。
めちゃ時間かかるけど、お客さんはじっと待つ。
それがね、この世のものとは思えないほど美味だった。
こってりコクがあって乳の風味が豊かで、文明国の、薄めて添加物だらけの
アイスクリームとは大違い。

停留所は食堂や村の集会所のような所なので、そういうところで夜を明かす
こともあったね。
運転手が 「朝、クラクションを鳴らして起こすからね」 って言うんだ。
あたりにホテルなんてもんはなく、男性乗客は食堂の床や外の木の下で、
女性乗客は、やっと熱波の収まった外気を取り込むために晴れて窓を開けて、
バスの中で寝る。

前回も書いたけど、夜になっても昼間の余熱で座席も手すり棒もいつまで
も熱かったし、乾いた鼻水の汚れだらけの壁に触らないように丸まって寝る
から、まるで手足をこごめてオーブンで丸焼きにされてる子豚かロブスター
みたいな感じ。
書くまでもなく、もちろん昼も夜もエアコンなんてなしだよ。



+ + + + + - - - - - + + + + + - - - - - + + + + + - - - - - + + + + + - - - - -


砂漠のオアシス

砂漠の中にこんなオアシスが突然現れることもあるんだよ。


アフガンオアシス

バスの休憩地点で撮った風景。
この布の袋の中には、商売で売るための小鳥が入っていると
いうことだった。



+ + + + + - - - - - + + + + + - - - - - + + + + + - - - - - + + + + + - - - - -

<割礼>

ある町に停車した時、集会所でお祭りをしていた。
会場の隅に、金銀他カラフルな装飾で飾り立てられた、日本のお祭の
御神輿(おみこし)のようなものがあってね、中の豪華な台座の上に9才
くらいの男の子が座っているんだ。
割礼の儀式だって!


割礼って知ってる?

昔の日本にも元服っていう儀式があったけど、あれは16才になった男子が
ちょんまげを結ったんだっけ?
七五三の五才のお祝いよりも、きっと元服の方が精神的には割礼の儀式に
は近いんだろうね、“男の子が大人の男性と認められる” お祝いだから。

割礼について、聞いたことをやさしく説明してみるね。

男の子のおちんちんの先っぽは、大人になるまでは皮を被っていて、大人
になるとそれが自然に剥ける(??)んだけど、割礼というのはその皮の一
部にメスを入れて、いつも剥けた状態にしてしまう儀式なんだって。
(ゴメンね、医学談話だと思って聞いて)

でも、大人になっても皮を被ったまま(包茎?= 男性としての生殖機能が果
せない?)の人もいるので、それを避けるためと、
それにこの地域は暑いために、不潔になると皮と皮膚の間にアカや汚れが
溜まって病気になりやすくなるので、それを防ぐための風習でもあるとか。

「痛みに立ち向かって克服する」 ということによって、精神的に大人の男性
になる自覚を持たせる意味もあるんだろうね。

その良し悪しについてはわからないでど、私はみんなに祝福されているその
男の子の、ものすごーく嬉しそうで恥ずかしそうで、それでいて、大人になっ
たという自覚からくるのか、どこそこりりしい表情が、”人生の素敵な場面に
立ち会った思い出” として、いつまでも心に残っている。

お金持ちじゃないとそんなお祝いはしてもらえないだろうから、きっとその男
の子も、大人になったら何人も奥さんを持つんだろうね!



+ + + + + - - - - - + + + + + - - - - - + + + + + - - - - - + + + + + - - - - -