スポット訪問記 Vol. 5 カナダ/ バンクーバー周辺 



ウイスラー&ブラッコム山


 
バンクーバー市内から、車で1時間半くらいだったと思う。
真夏でも雪に覆われているあの荘厳な山々に、出かけてみよう!


(写真はスペースの都合上ほとんど縮小サイズになっているけど、クリックすれば大きくなるので、雄大な景色はぜひ、ひとクリックして大きなサイズで見て下さい!) 



ウイスラーの展望台より
  この景色はまだ地上からのもので、
  ロープウエイでウイスラー山に登っ
  て撮ったもの






ウイスラーヘリ乗るとこ      ヘリより地上

ヘリコプターに乗るよ わーい!    目がクラクラするー!



ウイスラー空撮1

山の上にも湖があるね!



ウイスラー空撮空2

すっご~い絶景でしょう?!



ウイスラー絵葉書

これは絵葉書



ウイスラーとブラッコム山は、夏でもスキーできるんだって。(今も8月)
標高差1400mを一気に滑り降りられるんだけど、スキーを履いて頂上まで行き、降りられずにヘリコプターの助けを呼ぶ人もいるそう




ウイスラー空撮5

雪解け水が岩肌を流れているのも、ヘリの窓から肉眼で見える




キャピラノつり橋



 いつか、CMで使われていたね。


カナダさけの川    さけが登る川
 
鮭が登る川。 こんな渓谷に、キャピラノつり橋が架かっている



キャピラノつり橋1   キャピラノつり橋

渡るの、迫力満点だよ!


キャピラノ横


キャピラノつり橋: 高さ70m、長さ 137m。


説明

100年以上前、キャピラノ渓谷の景観の美しさに魅せられた人が、自分と妻のためにキャビンを建て、初めての橋を友人たちと馬の力を借りて作った。
麻のロープを張った上に、杉板を乗せたもの。

その後、訪れる人が増えたので、1903年に麻よりも安全なワイヤーブリッジが架けられた。
1914年には、両端がコンクリートに埋められ、さらに安全になったんだって。





サーモンハッチェリー(サケの孵化場)



カナダといえば、サーモン(鮭)の保護に国をあげて力を入れていることで有名。
"きれいな川だから帰って来る" という鮭伝説と事実に、私はいつもとても惹かれる。
だから、"カナダの鮭の環境に足を踏み入れ、その壮大な一生の一部にでも触れてみたい" と、その川と、上流の孵化場を訪れてみたよ。
いっしょに体験しましょ。



サーモンハッチェリーへの道

孵化場への道




  ← こんな山道をひとりで何キロも歩いた。
                



ハッチェリーには、鮭の種類や、漁の方法や一生について
説明した展示室もある。


孵化場展示2    孵化場展示


さけの通り道ガラス       さけの通り道ガラス2
   
 


ダムの横にちゃんと鮭の通り道が作ってあり、鮭が通る
のがガラスを通して見れる





関を登るサケ 
  感動的瞬間を写真に撮ったよ!


   一匹の鮭がジャンプして、ダムを越えた
  ところ。
 (クリックして拡大して見て!)





孵化場外  そのダムの柵の前。
  すっかり日が暮れてしまった。






職員
  このお兄さん (ハッチェリーの職員)
  が施設を見せながら親切に説明して
  くれた上、帰りはダウンタウンまで車
  で送ってくれたんだよ。
  迎えに来た彼女といっしょに。









* カナダの鮭についての説明と 鮭伝説 について、
   続きを読む>> に入っています。

   興味のある方は、もう少しどうぞ。








続きを読む

スポット 訪問記 Vol. 6 イギリス ブレナム宮殿 


スポット訪問記 Vol. 6


イギリス/
 ウッドストック
世界遺産 (1987 登録)



            ブ レ ナ ム 宮 殿


  
  ↓ 入口
ブレニムパレスパンフ




    ブレナムパレス入口眺め

        入口付近からの眺め  左が上の写真の宮殿




まず、これが 個人の邸宅 だということにびっくりしてね。
現在も、モールバラ公爵がお住まいです。

2,100エカー、8平方km (成田空港が4つ入る広さ) の敷地には、
宮殿あり、森林あり、様々な美しい庭園ありで、人工の湖と橋まで
作ってしまった!
上の写真は入口を入ったところのメインパートだけで、周囲ぐるり
何kmに渡り所有地。
こんな土地を持っている貴族は莫大な税金を払わなくてはならない
ので、こうして一般公開して入場料をその足しにするそう。

私は、湖のほとりで風に吹かれて読書したり、森の中を散歩したり
するのが好きだった。

ウインストン チャーチルの生まれた家だよ。
彼はここの庭園でプロポーズしたんだって。

オックスフォードの北西13キロ、車で30分くらいの距離の
”ウッドストック” という町にあるので、よく訪れた。
ひとりだったり、誰かといっしょだったり。
訪ねて来てくれた人は必ず連れていったし。


下の写真を見てもう一回びっくりしてほしいのは、他の観光客が全然
写ってないことだよね。
今、ここで写真を撮れば、絶対に、必ず、どっちにアングル取っても、
他の観光客がうじゃうじゃいっぱい写るよ。 保証する。





ブレナムパレス湖畔冬バージョン

冬バージョン
上の二番目の写真の、宮殿と高い木のある中州の間に立っている



ブレナムパレス橋の上から湖

橋の上にいる   



ブレナムパレス門

宮殿の建物と柵


ブレナムパレス夜、柵

夕暮れ時、柵の前で


ブレナムパレスS子と

宮殿の前で
中の装飾もすっごいよー、ゴテゴテで…




ブレナムパレス橋の上で

橋の上から宮殿を臨む

用事がある時、建物の中を移動するだけでも大変だね!
私はこじんまりしたふつうの家でいいや…




ブレナムパレス湖畔「

同じ道の宮殿寄り  

左遠方の橋を渡ればずぅ~~っと、小鳥さえずる森の中
 
一緒にいるのは、一度アルゼンチンに戻り、翌年またオックス
フォードを訪ねて来てくれたマリア





ブレナムパレス建物背景

春先


ブレナムパレス湖のほとり

誰かのバイクの後ろに乗っかって行った








ウッドストック

ウッドストックの町  右はホテル



ウッドストックのストック絵葉書

ウッドストック絵葉書

左下にあるタイトルは、「ウッドストックのストック」
”ここから町の名前が生まれたんだよ” って言いたげな…
”ストック”って、馬をつなぐこんな台のことらしい。








ウッドストック絵葉書裏面


上の絵葉書の裏面 弟宛

最初の部分は、「北杜夫の ”さびしい王様” ”さびしいこじき” 最高」

「○○、しっかりがんばってますか。しかし がんばるにもその暑さじゃ
大変でしょう?」 で 後の文に続く。

本のことばかりだけど、私ってひょっとして文学少女だったの?!



クリックすると拡大できるので、よかったら読んでみてね。



観光案内の写真には、本文の時間的進行から外れ、後から撮っ
  たものも混じっています。