第2章 ヨーロッパ諸国 1 パリへ 


コーヒーが注がれ、配られた夜具の毛布をかぶってじっとると、
何だか大変な事になったという気がしてきた…
ちょっと人さらいにさらわれて、遠い、知らない国へ連れて行かれるみたい…

日本でのこの10年あまりの思い出あれこれ押し寄せて
涙さえ浮かんできた。
今、すべてを置き去って新しい人生に向かって出発。
ポーン、ふんわり雲の上。
日本がぐんぐん遠ざかって行く…

さて、まだあどけなさを漂わせた女の子がひとり、
何食わぬ顔を装いながらも、オロオロ、キョロキョロ、
外国便の上でトイレに立ったり、窓の外を見つめたりしていたら
何が起こるでしょう、時として。

後ろの席の、ヘルメットを大事そうに抱えていた日本人の男の子たちが
話しかけてきた。

「どちらまでですか?」

「はい、あの、パリのお友だちに会いに。
空港まで迎えにきてくれるはずなんです。」

(ウソウソ! 誰も頼る人がいないなんて、重すぎてとても言えないよ…
(;・∀・)
もちろん一応、亮介兄さんと堅朗クンには手紙を出した。
だけど、放浪の旅に出てしまっているかもしれず、たぶん届いてない)

その人たち、むこうで中古のバイクを買って、
ヨーロッパ一周の旅に出るんだって。
彼らの爽やかな若者らしさが、私を救ってくれた。

「でも急だったんで、到着時間を書いた手紙が間に合ったかどうか
心配なんです。
もし会えなかったら、さしあたりユースホステルに行くつもりです。
そこへ行けば旅慣れた日本人がたくさんいて、いろいろ教えてくれる
でしょう?」

「あれ、僕たちもね、まずパリでワークキャンプに参加する予定なんですが、
最初の日はユースホステルへ行くんですよ。
その友だちが来ていなかったら、いっしょにユースへ行きましょう。」

(やったー! ヽ(´ー`)ノ )

夜中に目が覚めると飛行機の外は雲の海。
遠く太陽の光の当たる部分だけが白銀色に輝いて浮き上がり、
朝の面積を増している。
ビートルズはアビーロードの “ヒア カム ザ サン” が聞こえてきそう…

窓ガラスに額をくっつけたまま飽きずに外界の変化に見入っていると、
真っ蒼な海の果て、はるか前方に陸の始まりが現れ、
輝いてまぶしいほど白一色のアラスカ氷山連と平野が、
人の足跡ひとつ許さぬ崇高なまでの威厳をたたえて眼下に広がった。

♪ 今、私の願いごとが、叶うならば翼がほしい
   この背中に白い翼、できるならばつけてください

   あの大空に翼を広げ、飛んで行きたいの
   悲しみのない自由な空へ 翼はためかせ
   行きたい


私は今、鳥。
そして見下ろしているのが、私の住んでいる、本物の地球!
1974年8月28日、地上は晴天なり。


飛行機が速度を落とし、安全ベルト着用指示のアナウンスがあると、
いよいよパリのオルリー空港に到着だ。

地上に足を下ろすと、いるいる…
さまざまな髪の色、目の色、肌の色の人々が、アナウンスの声の交差する
中、空港のロビーや通路を大きな荷物を引きずって行ったり来たりしている。
私にはちんぷんかんぷんの言葉も、あちこちで飛び交っている。




゚・*:.。. .。.:*・゜ 空 ファンタジー ゚・*:.。. .。.:*・゜



sky4.jpg

夜の地平線   右上は月



アラスカ上空

アラスカ上空



アラスカ上空2

同じような写真だけど、空の美しさを見て!




雲海

雲海   ほんとに私、”雲の上の人”




雲のベール

霞のベールの下に、緑の地表が…






2-2 耳も口も不自由なパリの人 


何はともあれ、活動開始。
入国手続きと両替を済ませ、リュックサックを取り戻し、
後ろの席にいた二人の日本人青年と、見知らぬパリの友人なる人を捜し、
すぐにあきらめて
ユースホステル方面へ行くバスの乗り場を捜す。

ユースホステルは若き旅人の溜まり場。
宿代も安くていいんだけど、ほとんど町の中心を離れた郊外の
そのまたはずれにあるのが特徴。
そのユースも同じで、パリの地下鉄オステルリッツ駅で郊外電車に
乗り換え、北上してショワズィル・ル・ロワ駅で下車。
何とパリの中心から12キロも彼方だ。
まずパリの中心行きのバスを探さなくちゃ。

ところが国際空港の敷地内でも、私たちの片言英語、通じないんだよ!
空港バス発着所の係員でさえ、英語でたずねるとフランス語で答えてくる。
噂は聞いていたけど本当だった。

フランス人は自分の国の言葉に誇りを持っているから、
たとえわかっても、
フランス語以外の言語で質問されると答えてくれないんだって。
これじゃ、六か国語辞典を片手にフランス語で質問ができても、
返事がわかりませ~ん!

行き先の地図を見せて、「アー、アー…」
返事をする人も、「あっち →」 「こっち ←」 と指さしてくれたり、
「アン、ドゥー、トゥア」と、指を折って停留所の番号を教えてくれるのでは、
もう先が思いやられるよー。

バスに乗ってからも、それでいいのか心配顔。
おかしな連帯感で、三人、顔を合わせるのだった。

バスが街道に乗り出すと…、
ああ! これがパリ… (ため息)
その街並みの美しさ!
バスの窓から見る家々の唐草模様の黒鉄白鉄のテラスも、通りも、
どこもかしこも花あふれ、
道行く人々も子どもも、建物の色やデザインも、一段、トーンが明るく、
芸術の世界に入り込んだよう!

どこを曲がっても絵になるような ひとこま ひとこま が展開するので、
私は半分、放心状態。

大パノラマ天然色映画のスクリーンの前に座っているみたいで、
簡単には、”ここが現実の世界なんだ” って信じられないよ!

地下鉄の駅に着いて切符の売り場で行き先を告げようと、
地図を広げて行き先の駅名を見せると、
切符売りのぶあいそうなおばさんは取り合おうともせず、
ポンと黄色い切符を投げてよこした。
パリの地下鉄は、どこへ行こうと同じ、均一料金だったのだ!

地下鉄に乗って感じたことは、外人が多いということ。
(私たちもそのうち)
白人に入り混じって、黒人やアラブ系の人々のファッションも
それぞれセンスが良くて個性的。
さすがパリだ。

一番驚かされたのは、ルノアールやセザンヌの絵から抜け出してきたよ
うな天使のような子どもたちがたくさんいること。
色が白くてつややかな金髪、整った顔立ち、ガラスのような瞳に長いまつ
げ… とても同じ人間には思えない。
生きた芸術品そのものじゃないか!
その子もこの子も、日本に来たら即モデルさんだよ。

さて、乗客が自分でドアの留め金をはずして開けるパリの地下鉄電車を
オステルリッツ駅で降りたら、
今度はショワズィル・ル・ロワ駅行きの郊外電車に乗る番だ。

ところが切符を買うのにも、切符売り場の機械がいくつもあって、
どれからどう買うのか、かいもく見当がつかない。
書いてある文字はもちろん、ぜーんぶフランス語。

三人揃って駅の屋根の下。
無言。
次には外に出て道路端に座り込み、
本や地図を広げて腕組み。

道行く人や駅員さんに聞いたところで、こちらがフランス語を理解できない
と知っていて、ペラペラ、フランス語で答えられるに決まってるんだから、
いじけもします。









   夕暮れの街並み



       女の子



   男の子



1148207.jpg


(写真 FROM PHOTO LIBRARY)