番外編 1. 亮介兄さんのその後 (前編・若い頃) 

*****  *****  *****  *****  *****

(後半が西表島の目も醒めるような美しい風景を背景にした、亮介兄さんが主人公の詩とアルバムになっています。
前半は文字が多いけど後半への序章なので、忍耐強~く読んで後半へ辿り着いて下さいね)



亮介兄さんは帰国してからも就職とかはせずに、
若者たちが都会へ出て行ってしまったあとほとんどお年寄りだけになってしまったり、そのまま廃村になってしまった村で、
藁葺き屋根の空き家などを借りて、作物を作って、自給自足の生活をしていた。
ある時は仲間たちと、ある時は一人で。

ひとつの場所に留まらず、収穫期にそんな仲間たちのコミューン(集合体)を手伝いながら、日本全国あちこちを旅して回っていたこともある。
日本中にそんな、同じような考えや生活スタイルを持つ友だちがいるって、素敵だと思ったよ。

兄さんは、インドにとても惹かれていた。
それは仏教が生まれた国ということもあったけれど、“キリストは19才から30才までインドで修行していた”という説に共鳴したせいもある。
それを聞いた時には私は 「まさか」って思った。
常識人間だもの (ハ?)

でも、数年前に「イエスの失われた十七年」(立風書房)という本の紹介を新聞の書籍欄で見つけて、読んで見たいと思った。
そういう内容らしかったから。
(それっきりまだ読んでませ~ん。(;・∀・) 日々の雑用に忙しくて)


確かに聖書でも、イエス・キリストの足跡は13才くらいまでで途切れ、
その後30才くらいで突然現れて人々に布教(?真理を説くこと?)を始めるようだけど、その間どこで何をしていたかについては歴史的にも謎が多いらしい。

史上最大の「ミッシングリング」といわれている=リングが欠けている。謎を解いて行くとその部分がつながって環になる)

それに、イエス・キリストが生まれた時に東の国から3人の博士がお祝いに来たという話はみんな知っていることだと思うけど、
その“東の国”ってどこだか考えたことある?
インドだとすると、納得できない?

仏教は2500年前、イエス・キリストが生まれたのは2000年前だから、仏教の方が古い。
イエス・キリストがあれだけの覚醒に至るまでどこで勉強し修行したのか。
インドだったって考えれば、私は納得できる気がする。
そして嬉しくなったりも。
(だって私は深いことはよくわからないけど、仏教って日本人の心にピッタリ来ると思うし、漫画の“ブッダ”も好きだし、良寛さんも好き)

使う言葉は違っても、“同じことを言っているんじゃないか”ってことが、仏教とキリスト教の教えの中には多々ある。
イエスもブッダもその時代、その環境にいる人たちに合わせてわかりやすい言葉や表現を使ったんだろうって、兄さんが。
たとえば“覚醒”とか“悟り”の代わりに、“いつも目を覚ましていなさい”
とか、“無”とか“空”の状態を、“心の貧しい人は幸いである”と表現したり。
伝えようとしたことは、同じじゃないかって。

これは兄さんから聞いた、私の言葉足らずの受け売りだけど、私は兄さんの言っていることや求めていること、生き方が、なんかわかる気がしたんだ。

兄さんは、初めてのインドはそういうこともあって行った。
それも、ほとんど何も持たず。

「聖書に“明日のことを思いわずらうな。野の花、野の鳥を見よ。蒔くことも刈ることもせず、明日、炉に投げ入れられるかもしれない彼らでさえ、神は養って下さっている。うまして愛をいっぱいかけた人間を心に留めておられないはずがあろううか”って書いてあるだろう?
“求めよ、さらば与えられん”とも。
僕はだから、明日のことは思い煩わず、ブッダやキリストが見ようとしたものを探しに、大元のインドに行って来る。
もし聖書に書いてあることが本当なら、何も持っていなくても、何を食べようかと思い煩わなくても、それで生きて行けるはず。
僕はそれを、証明するよ。」

家族にそう言って、ほんとに行ってしまったんだって。
祖父母はクリスチャンだったから、何も言えなかったらしい。
(ユカイユカイ!)

インドでは、お寺で葉っぱのお皿を持って並ぶと、修行者に食べ物を施してくれるそう。
兄さんはそうして、ほとんどいつも余分なものは何も持たずに何度もインドへ行って、いろんな素晴らしいグル(師)に巡り会っている。

アメリカの山中で、ヒッピーたちと生活していたこともある。
その時は、“日本人の若いブッダがいる” と、ふもとの町からタクシーで話を聞きに来た人たちもいたそう。

(これは仲間が教えてくれた。本人はそう呼ばれることはとんでもないと思っていたし、嫌だった。ついでに、そのお客さまたちって、若いアメリカ人の女の子たちだったらしい。おっと
ちぇ

当時はヒッピーとか自然に帰れとか、禅とかが若者の心を掴んでいたこともあるけど、
兄さんはそういう一時のスタイルとしてでなく、その後もずっとそういう生き方を貫いているんだ。
だからって、hお酒も飲まない、たばこも吸わない聖人君子になろうとなんて全然してなくて、たばこもお酒も大好きだし、ガールフレンドだっていたよ。
同じ空気を持った人(たち)だったけど。

“こうでなくてはいけない”とかこだわったり、“きれいと汚い”“幸せと不幸”とか分けるのがよくないんだ、とも言っていた。
そうするから争いが起こるし、“幸せ”という概念を持つから“不幸”って概念も生まれる。

世界は愛に溢れた“全体”で、“ひとつ”なんだって。
(??だけど、わかるような気がする。雨が降って土の中のみみずがおしっこをして、それが肥料になって草花の栄養になり、川は流れて命を育み、海に行って蒸発してまた空に戻る。人間も自分で生まれて自分で生きるわけじゃない。その環の中の一部だろう)

だから、食卓に出されたものはお酒でも肉でも、何でも感謝していただいていた。




亮にいと仲間たち

山村で自給自足の生活をしていた頃の亮介兄さん(後ろまん中)と仲間たちの写真。みんないい顔をしている。



ある時なんて、山深くて郵便屋さんも2週間に一度しか行かない過疎の村の入口付近に小さな土地を借りて、丸太で自分で家を建てて一人で住んでいたよ。(私はそこに、訪ねて行った)

読みたい本を読んだり瞑想や座禅をしたりしているから、全然退屈じゃないどころかとても充実した毎日なんだって言っていた。
自然に溶け込んで、自然の一部になっているような感じで、家の脇を流れる清流にイワナがいて、兄さんはちょっとした怪我なら薬草で治していた。

「ミヤ、見てごらん。山から熊が下りて来て木の幹を掻きむしって剥いでも、しばらくすると表面が盛り上がって来て、いつのまにか元に戻っている。
自然の力はすごいよ。
人間の病気や怪我だって、自然に治る力はあるはず。副作用のある薬なんか使わなくても」

とか言っちゃって。

でも、雪深い冬はさすがに「お前、死ぬぞ」って友だちが迎えに行ったらしい。

兄さんは特定の宗教に関係なく、物や世間一般の価値観に振り回されることなく、ブッダやキリストが伝えようとしたことを、目も耳も体も、今生きている存在全部を傾けて、自分なりに掴もうとしていたんだと思う。
(これは私の表現で、合っているかわからないけど)

兄さんは、理屈や知識や思考が邪魔だって言っていた。
それは、英語に訳された禅の紹介の本にも書いてあったな。

「早く真理を教えてくれ」という弟子に師が言うの。
「あなたのカップは “自分” でいっぱいだ。
そのカップを空にしなければ、私はそこに何も入れられないでしょう」
って。

フルートのたとえ話もあったな。
フルートは中が空だから、神様(宇宙)の息吹が通って美しい音色を奏でるんだって。

“私、私” を捨てて無になりなさい ってことだよね、きっと。
その、“無” っていうのも何なのか、よくわからないことだけど。


このアルバムは、そんな背景の中で私が最初にインドから帰って兄さんと実家で再会した時にもらった写真を、兄さんと別れた後で眺めて、
思うがままに、メモ書きみたいなノリで作って残しておいたもの。
だから、表現が幼くても言葉足らずでも、その時の私の感性あるがままで、ブログ記事に転写して行くね。

人にはいろんな生き方があって、それぞれが違うからいいんだよね。
どっちがいいとかどういうのがいいとかでなく。
私は亮介兄さんみたいな生き方もいいと思うけど、同じにはなれないし。

亮介兄さんを登場させたので、その後についてもお話しなくちゃと思い、
今日はこんな形で紹介します。
彼の世界をのぞいてみて下さい。

じゃ、アルバムスタートするね。



*****  *****  *****  *****  ***** 

(1976年初秋版)


日本国へ  - インドから帰国 


インドからの帰国便



実家

故郷のわが家は、変わらぬたたずまい(今はもうないの)



沖縄から帰った兄さん

あーっ これは誰だ!? 私の兄(亮介)です。 
(さわやか系の少年だったのに、すっかり日焼けして逞しく…)

アメリカで平和行進に参加するための資金を稼ぎに、沖縄の西表島へ、さとうきび刈りのアルバイトに行って来たって。



沖縄の 西表島 (いりおもてじま)


西表島海岸と花

西表島の空と海と海岸と花 むこうにいるのは兄さんの友だち


西表島おじさん

さとうきび畑のおじさん



亮にい1

これが、私の兄です


海岸を歩く



自然、生活、瞑想… 仏教の経典、般若心経、聖書、インドのグル(師)の著書をいつも片手に やさしい目

自然にとけ込む
自分をからっぽにするときフルートは
神、宇宙のエネルギー、愛を身体いっぱいに受け、
通して、
美しい音楽を奏でる

からっぽのフルートにこそ、
神の息吹きはふきこまれて 
響く




西表島海岸



無… 空(くう)…  それは祝福  
それが出発


それはすでに、あなたの中にある
あなたが、それに気づかないだけ
あなたはすでに、ブッダ(覚醒者)なのだ




西表島さとうきび畑



あるがままに自然に
ゆったりと生きなさい

空の鳥のように 野の花のように
今を精一杯生きなさい


明日のことを思いわずらわず 
あくせくせず 
宇宙と融合して




亮にい10



波の音 風の音 青い空

ビコーズ  
レットイットビー  
アクロス ザ ユニバース




亮にい7



あなたの知らないところで 
あなたの中を 
あなたの生命は流れている

ボブディラン


いつも目を覚ましていなさい   

イエス・キリスト


何も持っていなければ 失うものは何もない   

ボブ ディラン




亮にい6



毎日毎日が全く新しい
新しい生命が満ちあふれている
瞬間 瞬間を 完璧にトータルに燃焼している


何も、明日のことなど気にしていない
人間だけが、ムリをして思いわずらっている
自分以上のものになろうとして… もっともっと物がほしくて…
壁にぶちあたり、川をさかのぼろうとしている




亮にい8



よく見てごらん
壁に体当たりしなくても ドアや窓が見えてくるから

ゆったり水面に浮かんでごらん
川は流れ、あなたを自然に大海につれていってくれる

空も海も山も 川も鳥も草も
みんな宇宙の一枝 
そしてあなたも 全体の中の一部
同じ生命のリズムにのって

人生は祝福 カーニバル!




亮にい12
 
澄んだ水に さんごしょう 
目もさめるほど蒼い熱帯魚


亮にい

↑クリックして拡大すると見えるよ 青い魚たち




19才~21才までヨーロッパを放浪した後、インドの師の元へ“答”を探しに。
そして今、アメリカへ、自給自足の農場をつくりに。

仲間たちは多い。

今の時代に何が必要かって、“生きる力”(文明の利器に頼らずに)だって。
彼らは畑を耕し、みそ、しょうゆも作り、自分たちの手で家を建て、子供を産み育て、ヨガや瞑想や禅の精神に沿った日々を送っている。

自然と一体化した生活の中で。

仲間たちの目 みんなきれいでした。
がんばって。

彼は今、大自然の中で生き抜くため、その法則を学ぶため、アメリカレッドインディアンたちの中で生活しているそうです。




*************************

さてこんな兄さんが、それじゃ中高年になった今はどうしているのか、続きは、

亮介兄さんのその後 (後編・現在編)

としてお送りします。
ノンフィクションなので、こういう生き方を貫いている人が現実社会の中で生活して行けているのか、興味のある方はお楽しみに。

(↓続きを読む>> に追記あり)

************************* 

続きを読む

番外編 2. 亮介兄さんのその後 (後編・現在) 


前3分の2は文章ばかりになっちゃったけど、後のとっておき写真を公
開するための長い序章なので、どうにかがまんして読んで後半に辿り
着いて下さいな。ごめんね、いつものことで。

最初に旅に出るきっかけを与えてくれた人だし、私の人生にどこかで
さり気なく影響を与えている人なので、番外編として亮介兄さんのそ
の後版を設けてます。
フィクションみたいなノンフィクションの後編をどうぞ。



番外編 亮介兄さんのその後 (前編・若い頃) の続き

亮介兄さんは日本へ帰って来て大阪のあいりん地区とかにしなり地
区とかいう、東京でいう山谷のようなところで日雇いの仕事をしながら
暮らしていたこともあった。
冬は路上で凍死する人もいたって。
(私が思うに、兄さんはやりたくもない仕事をして自分の時間をいっぱ
い取られてしまうのがいやだったので、定職にはつかなかったんだと
思う)

そんな時、出入りしていた京都のあるお寺で助けられた。

情けないことに、
「お金がなくてもうこのお寺にも来れないので、お金を貸してもらえな
いか」ってお寺に頼んだところ、そのお寺の和尚さんが兄さんを呼んで
目の前に座らせ、こう聞いたんだって。

「おまえは今までに、何かひとつの仕事を続けてやったことがあるか」

兄さんは、
「そう言われてみれば、ありません」
て答えた。
すると和尚さんは部屋を出て行き、戻って来て黙って兄さんの前に通
帳と印鑑を差し出すと、

「それでは指圧師の免許を取りなさい。その学校へ行くには学費が
140万円くらいかかるから、ここから出して使いなさい。
そのために勉強して国家試験を受ける気があるなら、私が援助しまし
ょう。」

と言って下さったんだって。

それで兄さんは、「どんなに長くかかっても必ずお返しします」
と言ってそのお金をお借りして、働きながら指圧師の夜間学校に3年
間通って、国家試験に合格したんだよ!

指圧師の免許は国家試験で身体のことを隅々まで知らないといけな
くて、お医者さんになる勉強のようにすごく大変だったって。

その和尚さんにはその後、5年かかって全額返したそう。
それってすごくない? 和尚さんも兄さんも。

兄さんはしばらく石川県のお寺に住んで修行者の世話をする係をやり
ながら自分も修行していたこともあったな。
無農薬の畑の世話を任されて。
外国人の訪問者や修行者の通訳もしていた。
今でも時々、そのためのお金を貯めてはそのお寺の座禅会とかに行
っているみたい。何日も泊まりがけで。
(そういう時は、一日7時間も座っていたりするんだって!
俗人の心配で悪いけど、お腹が鳴ったりおならが出ちゃったりしない
のかなー? あ、あまりにレベルが低すぎました (;´ρ`) )

そんなふうにして暖かいうちは働いて、兄さんは今でも冬はインドの
修行場(アシュラム)に行ったりもしている。


兄さんはね、指圧師の免許を取ってからも、それでいっぱい稼ごうなん
て考えずに、またお年寄りしかいなくなってしまった寒村の廃屋を手入
れした家に住んで村のお年寄りたちの家々に呼ばれて、子どもに聞か
せるようなやさしい仏教のお話を織り込んで楽しく世間話などをしなが
ら指圧をさせてもらって生活していたよ。

その村のひとつが朽木村(くつきむら)という名前の村だった。
朽木村は近畿地方で一番大きな原生林がある村で、今でいう眼界集
落だった。(滋賀県の最後の村だったらしい)

兄さんは屋久島にいたこともあったって言ってたっけ。

ほんとに大自然の中で生きるのが合っている兄さんにはピッタリの資
格だったよね。
話し相手の少ないお年寄りたちの心も体も元気にしてあげられたと思
う。(兄の方がいただくものは多かったかもしれないけど)
和尚さん、村の皆さん、本当にありがとうございました。
私からもお礼を言いたいです。

これって、兄さんが言っていた、

「空の鳥を見よ。
撒くことも刈ることもしないのに神は彼らを養って下さる。
明日、炉に投げ入れられる花でさえ神は美しく装わせて下さる。
まして愛をかけた人間を気にとめないことがあろうか。

だから何を着よう、何を食べようと明日のことを思いわずらうな」

っていう聖書の言葉通り。
(見ながら書いていないので、一語一句聖書の引用ではないけど、
そんな内容)

前にも書いたけど、兄さんは、
「聖書に書いてあることが本当ならば、今日の生活のことで悩まなくて
も生きていけるはず」
と、本当に何も持たずにインドへ行ってしまったし、お金がなくても食べ
るものがなくても学びたいことを学びにお寺に出入りしていたら、そうや
って和尚さんが生活して行く術を身に付ける手助けをして下さって、不
思議だなあって思う。
(聖書に書いてあることは、その通りに生きようとする人にとっては本
当なのかも)


さてじゃ、今は?

兄さんは同じような仲間の女性と結婚して、ローンで家を買ってそのた
めに働くなんてことはなく、いつも質素な古い民家の借家に住んで畑
を耕して必要なお金の分だけ指圧に行ってお金をいただいて暮らして
いた。

自由な時間をたくさん持って、いつもインドのグル(師)の書いた本や
仏教の経典を読んだり、瞑想や座禅をして、貧しくても充実した生活を
していたんだけど、
子どもができたこともあり、ある山の上の山林が売りに出た時に、そこ
の土地を山林ごと買って、そこに自分で家を建てることにした。
「子どもが10才になるころに完成すればいい」って計画で。
だって、毎日何時間かそこに出かけて、チェーンソーで木を伐採すると
ころから始めるんだから。

1坪3200円で600坪の山林のうちの250坪。
山林だからもちろんたくさんの木々もいっしょに付いてきた。

基礎も自分でやって、大工さんは棟上げ(骨組み)を二人に3週間だけ
手伝ってもらって、1日1万円と1万6千円ずつ払っただけ。
(一人は友だちだった)
材料や手続き費用を入れて、家を建てるのにかかったお金は全部で
300万円くらいだって。

何年か前に見に行った時は、スーパーでもらって来たハッポースチロ
ールを断熱材として壁の中に入れていた。
その工程にも何か月も費やして。

子どもが中学生になってもまだ壁のしっくい塗りが未完成だったけど、
子どもが高校生になった現在も、まだ壁は石膏ボードのままだ。

兄さんが言うには、
「石膏ボードはクリーム色で、悪くないし、もう慣れたからこのままでい
いんだ。
どうせこの家の周り300mには誰も住んでいないんだし、人に見せる
ための家じゃないから」
だって。
でも私は素晴らしいカントリー風の家に仕上がっていると思う。
人に見せるためじゃないって言うけど、読者の皆さんにはお見せします
よ。

実は、噂を聞いた雑誌社の人やそういう田舎暮らしの若者(?)の特集
を組む新聞社の人たちとかが取材を申し込んで来たことがあったそうだ
けど、兄さんは全部断ったって。
そうだろうね、世間の注目を集めるためにそうしてるんじゃないし、今の
平和な生活を壊されたくないんだろう。

それに今は、そういう、半分はプロに頼んで半分は自分で家を建てる
スタイルがファッションになって来ているとかで、 ”ハーフ ビルド” とか
呼ばれ、「たいして珍しくもないよ」って本人は言っている。
ちょっと違うような気がするけど。
(そうすると兄さんの家は、”クオーター ビルド” くらいんとこ?)


まあ、このへんで見てみて、その家の写真。
カラーコピーで送って来たものなので様子が伝わるかわからないけど、
たいしたもんだと思うし、何百万円の頭金と何千万円のローンを組まな
ければ一生家が持てないって悲観的になっている若者たちへの励まし
や前向きに何かを始めるきっかけになればいいって思って紹介するね。




  ★   ★   ★ 



最近の亮にい


アハ。まずこちらが、おっさんになった我が愛しの亮介兄さん。
顔を出しても別に構わないというのでそのまま披露しちゃいます。
(なにげにかわいく写ってる)

(「どうせわからないでしょ」って言うんだけど、それって ”読者が少な
くて” って意味? "(,,-_-) グレルヨ")


後ろに見えるのが、兄さんが10数年かけて、山の上にコツコツと通っ
て少しずつ完成させた家。
3~4年前には、未完成の状態で住み始めた。
玄関への階段は右手に。



母屋のリビング

母屋のリビング。使った木はみんなこの土地から切り出したもの。
左奥が階段で、2階にも部屋があって、天井は吹き抜けになっている。 


リビングの外にはウッドデッキっていうの?木の床の張り出し。


亮にいの家

左手奥に建てた離れは、兄さんの勉強部屋。
ここでインドのグルの本を読んだり、それを訳すために英語の勉強をし
たりして、つまりそういう本の翻訳もしている。
もちろん、出版するためではなく、自分で読んでわかりたいから。




離れ

離れアップ。手前は畑。
「たとえば一袋100円の大根の種を買ってきて蒔くと、大根がひと冬
中食べられるんだよ。100円だなんて申し訳ないようだ」 だって。




母屋の窓から

2階の小さい方の部屋。
飾ってあるのは、たぶんインドのグルの写真。
窓からの眺めは山林を切り開いた庭と、遠景には雪をかぶった山々が。
(この写真ではよくわからないけど)



山の景色

遠くの山の景色


浴室からの景色

お風呂場からの眺め。こちら側からも別の山々が見えるらしい。
まわりに何もないので、すりガラスもカーテンも必要ない。



暖炉

夜のリビング。
ストーブは友だちから中古品を譲ってもらったもの。もちろん薪をくべて
いる。近くの土地の所有者に、仕事で伐採を頼まれたりして、
「切ったものは持ってくれていい」と言われ、薪には不自由しないそう。

兄さんひとりだったら離れだけでたくさんだったんだけど、家族がいるし、
私たちの母を引き取ることになった時のことを考えたりとかしていたら、
こんなに大きくなっちゃったんだそうだ。


奥さんは子どもが成人して出て行ったらここを喫茶店にしたいそうだか
ら、そのうち皆さんを招待できる日が来るかも。



゚・*:.。. .。.:*・゜  ゚・*:.。. .。.:*・゜ ゚・*:.。. .。.:*・゜  ゚・*:.。. .。.:*・゜ ゚・*:.。. .。.:*・゜

 

いかがでしたか。
兄さんの人生、見ているだけ、聞いているだけでおもしろくない?

いろんな人がいるけど、私にとって兄さんは雑念にまみれた日常生活
の中にパッと現れて、忘れていた大事なことをふと思い出させてくれる
不思議な存在なんだ。
だからって、私はいつまでたってもちっとも本当に覚醒する道には辿り
つかない凡人(ふつうの女の子!)のまんまだけど。 



続きを読む>> に追記あり

続きを読む